検索対象:     
報告書番号:
※ 半角英数字
 年 ~ 
 年

活動性評価対象破砕帯の代表性と効率的な調査のための着眼点; 長さ分布と重複変形による検討

Representativeness of the crush zone for activity evaluation and attention for practical survey based on length distributions and superposed deformation

島田 耕史  ; 照沢 秀司

Shimada, Koji; Terusawa, Shuji

原子力施設等の破砕帯の活動性評価においては、評価対象破砕帯がどのように選ばれたかという代表性が重要となる。また、将来の効率的な活動性の調査に役立つ着眼点を増やしていくことも重要である。高速増殖原型炉もんじゅの敷地内破砕帯調査(平成24-28年度)では、粗粒花崗岩中に見られる破砕帯の規模に着目し、現在建物が建つ基礎岩盤のなかで最長のNE走向の破砕帯の延長方向を剥ぎ取り、出現した破砕帯の活動性を評価した。この評価対象破砕帯を選択した妥当性を補強するため、既往知見に基づいて長さ分布の統計的解析を行ったところ、指数関数分布を示し、より長い破砕帯がさらに成長していくという破砕帯群の発達段階に入っていることを確認した。したがって、最長の破砕帯の延長方向で調査した妥当性は補強された。また、最終活動は既存の破砕帯構造の発達時に強度が周囲よりも低下した箇所に重複して生じたと考えられる。これらから、破砕帯の長さ分布の統計的性質に基づき、最長の破砕帯を代表としてよいことと、活動性評価に際しては強度が周囲より弱いと推定される箇所で重複変形を確認する調査が効率的と考えられることを示す。

Representativeness of the crush zone for activity evaluation at the Monju site was investigated by means of statistics of length distributions. The length distribution was exponential indicating a coalessence stage of the crush zone development. Thus the choice of the crush zone to be evaluated during our preceded research (2012-2016) was reasonable. We also payed attention for the future systematic and practical survey from the view point of superposed deformation. That is, in our experience, a superposed deformation observed at the weakest portion in the crush zone system, suggesting that the research on the longest crush zone with an attention at the weakest zone preferable for superposed deformation seems to be a practical research procedure.

Access

:

- Accesses

InCites™

:

Altmetrics

:

[CLARIVATE ANALYTICS], [WEB OF SCIENCE], [HIGHLY CITED PAPER & CUP LOGO] and [HOT PAPER & FIRE LOGO] are trademarks of Clarivate Analytics, and/or its affiliated company or companies, and used herein by permission and/or license.