検索対象:     
報告書番号:
※ 半角英数字
 年 ~ 
 年

リスク評価に基づく検査および保全戦略,5; IGSCCを起因事象としての事例評価

Risk based strategies for inspection and maintenance of nuclear power plants, 5; An Example for risk based inspection for the events originating IGSCC related causes

内田 俊介*; 岡田 英俊*; 内藤 正則*; 塙 悟史; 小嶋 正義*; 木倉 宏成*

Uchida, Shunsuke*; Okada, Hidetoshi*; Naito, Masanori*; Hanawa, Satoshi; Kojima, Masayoshi*; Kikura, Hiroshige*

リスク評価に基づく検査及び保全戦略へのアプローチとして、既存の亀裂進展モデルをベースにIGSCCを起因事象とした配管の寿命評価を行った。亀裂進展に影響する環境因子である腐食電位と導電率のばらつきを考慮し、亀裂が許容欠陥寸法に到達するまでの時間(許容期間)を評価した。腐食電位及び評価部位における残留応力の不確実さが許容期間の評価に大きく影響を与える結果となり、それらの評価精度を向上させることがプラントの検査時期の最適化や信頼性向上に繋がることを示した。

no abstracts in English

Access

:

- Accesses

InCites™

:

Altmetrics

:

[CLARIVATE ANALYTICS], [WEB OF SCIENCE], [HIGHLY CITED PAPER & CUP LOGO] and [HOT PAPER & FIRE LOGO] are trademarks of Clarivate Analytics, and/or its affiliated company or companies, and used herein by permission and/or license.