検索対象:     
報告書番号:
※ 半角英数字
 年 ~ 
 年

Effect of upstream beam collimation on neutron phase imaging with a Talbot-Lau interferometer at the RADEN beam line in J-PARC

J-PARC螺鈿ビームラインにおけるタルボ・ロー干渉計を用いた中性子位相イメージングでの上流コリメーションの効果

關 義親; 篠原 武尚; 上野 若菜; Parker, J. D.*; 松本 吉弘*

Seki, Yoshichika; Shinohara, Takenao; Ueno, Wakana; Parker, J. D.*; Matsumoto, Yoshihiro*

3枚の格子からなる中性子タルボ・ロー干渉計は高機能なイメージング装置であり、通常の吸収コントラスト像に加えて、微分位相コントラスト像とビジビリティコントラスト像も同時に取得することができる。我々はJ-PARC MLF RADENビームラインにおいて波長分解型のタルボ・ロー干渉計の開発を進めている。干渉パターンの波長分解解析を行うことで、白色ビーム測定で生じていた色収差による系統誤差を排除するとともに、より定量的な情報を引き出すことが可能になる。この波長分解測定・解析法を前提として、RADENビームラインの波長スペクトルに最適化した干渉計の設計(中心波長・格子周期・格子間距離)を決定した。

no abstracts in English

Access

:

- Accesses

InCites™

:

パーセンタイル:63.1

分野:Physics, Condensed Matter

Altmetrics

:

[CLARIVATE ANALYTICS], [WEB OF SCIENCE], [HIGHLY CITED PAPER & CUP LOGO] and [HOT PAPER & FIRE LOGO] are trademarks of Clarivate Analytics, and/or its affiliated company or companies, and used herein by permission and/or license.