検索対象:     
報告書番号:
※ 半角英数字
 年 ~ 
 年

幌延深地層研究計画で得られた地下水の水質データ; 2014年度$$sim$$2016年度

Data of groundwater chemistry obtained in the Horonobe Underground Research Laboratory Project; FY2014-2016

宮川 和也 ; 女澤 徹也; 望月 陽人; 笹本 広

Miyakawa, Kazuya; Mezawa, Tetsuya; Mochizuki, Akihito; Sasamoto, Hiroshi

幌延深地層研究計画における深地層の科学的研究では、実際の地下の地質環境特性を調査するための技術開発や、得られた地質環境特性に基づく地質環境モデルの構築が進められている。地質環境モデルの1つである地下水の地球化学モデルの構築・見直しにあたっては、地下施設周辺における地下水の水質データが必要である。本報告は、平成26年度$$sim$$平成28年度(2014年度$$sim$$2016年度)までの3年間に、幌延深地層研究計画で得られた地下水の水質データとして、物理化学パラメータおよび水質の測定・分析結果を取りまとめたものである。

Development of technologies to investigate properties of deep geological environment and model development of geological environment have been pursued in "Geoscientific Research" in the Horonobe Underground Research Laboratory (Horonobe URL) project. A geochemical model which is a part of geological environment model requires the data of groundwater chemistry around the Horonobe URL for the development. This report summarizes the data obtained for 3 years from the fiscal year 2014 to 2016, especially for the results for measurement of physico-chemical parameters and analysis of groundwater chemistry, in the Horonobe URL project.

Access

:

- Accesses

InCites™

:

Altmetrics

:

[CLARIVATE ANALYTICS], [WEB OF SCIENCE], [HIGHLY CITED PAPER & CUP LOGO] and [HOT PAPER & FIRE LOGO] are trademarks of Clarivate Analytics, and/or its affiliated company or companies, and used herein by permission and/or license.