検索対象:     
報告書番号:
※ 半角英数字
 年 ~ 
 年

海水条件下での溶液型グラウト特性データの取得

Study on characterisation of colloidal silica grout under condition of sea water

戸栗 智仁*; 沖原 光信*; 辻 正邦*; 中島 均*; 杉山 博一*; 齋藤 亮*; 佐藤 稔紀; 青柳 和平; 桝永 幸介

Toguri, Satohito*; Okihara, Mistunobu*; Tsuji, Masakuni*; Nakashima, Hitoshi*; Sugiyama, Hirokazu*; Saito, Akira*; Sato, Toshinori; Aoyagi, Kazuhei; Masunaga, Kosuke

北欧では、湧水量を大幅に少なくするために、浸透性が高くて耐久性の高い活性シリカコロイドを用いた溶液型のグラウト(以下、溶液型グラウトと呼ぶ)の研究が行われ、沿岸域の地下研において実証試験および実適用が開始されている。溶液型グラウトは海水条件下で適用され始めているが、固化のメカニズムは不明であり、施工方法も未確立である。国内外のいずれの事例において具体的な施工方法は未確立である。溶液型グラウトの周辺岩盤への影響については未知の部分が多い。このような背景を踏まえて、本業務は、資源エネルギー庁の公募事業である、「地層処分技術調査等事業(沿岸部処分システム高度化開発)」の一環として、3年程度をかけてグラウトに関する研究を行う計画であり、本報告書はその初年度の成果をまとめたものである。

The discussions on scientifically promising site for the geological disposal has been made at the council of studying group on techniques for geological disposal of radioactive wastes, which is held by Resources and Energy Agency. From the aspect of ensuring safety during the transportation of disposal waste, the coastal area is discussed to be a more suitable area. This report shows the result of the first year of this project as following items; Study on the state-of-art technology and remain tasks; laboratory tests on characterization of colloidal silica grout under sea water; Study on the development of grouting technology (design and the evaluation method of influence on the rock mass).

Access

:

- Accesses

InCites™

:

Altmetrics

:

[CLARIVATE ANALYTICS], [WEB OF SCIENCE], [HIGHLY CITED PAPER & CUP LOGO] and [HOT PAPER & FIRE LOGO] are trademarks of Clarivate Analytics, and/or its affiliated company or companies, and used herein by permission and/or license.