検索対象:     
報告書番号:
※ 半角英数字
 年 ~ 
 年

溶融燃料中の核物質管理方策の検討

Study on nuclear material management for fuel debris

宮地 紀子; 高田 映*; 岩淵 淳一; 富川 裕文; 芝 知宙; 奥村 啓介; 長谷 竹晃; 名内 泰志*

Miyaji, Noriko; Takada, Akira*; Iwafuchi, Junichi; Tomikawa, Hirofumi; Shiba, Tomooki; Okumura, Keisuke; Nagatani, Taketeru; Nauchi, Yasushi*

溶融燃料中の核物質については、それが平和利用目的以外に用いられていないことを担保し、それを国内及び国際社会に対して示していくために、適切に管理される必要がある。そのためには、溶融燃料の特徴に応じた核物質管理手法が必要となる。溶融燃料に対する核物質管理を行った例としては、米国スリーマイル2号炉(TMI-2)事故がある。TMI-2事故では、炉心から取出した溶融燃料を米国国内規則に基づいて管理するために、核物質量を評価している。溶融燃料中の核物質量の評価は溶融燃料取出し後に原子炉容器内等に残留した核物質量の非破壊測定、破壊分析、及び目視や取出し作業の記録等に基づいて行っている。但し米国は核兵器国であり、IAEA保障措置の適用はない。日本のようにIAEA保障措置を受け入れている国では核物質を管理する上で計量管理を行うことが重要である。そこで本発表では、溶融燃料中の核物質を管理する計量管理の方法についての一考察を報告する。

Nuclear materials in fuel debris need to be properly managed in order to assure to the international and national communities that no nuclear materials have been diverted. In order to provide this assurance, specific measures appropriate to the characteristics of the fuel debris are required. There is experience at managing fuel debris in similar situations, as it was the case of the partial meltdown at the TMI-2 in the US. The nuclear material in the fuel debris retrieved from the reactor was quantified in order to fulfill domestic law requirements in the US. NDA, DA, and visual observation were applied to the residual fuel in the reactor. On that specific accident, IAEA safeguards were not applied because the USA is a nuclear weapon state and therefore this power plant was not inspected by the IAEA. Nuclear material accounting (NMA)is an important measure to manage nuclear materials for states under IAEA safeguards. In this presentation a report on NMA as a measure to manage fuel debris will be discussed.

Access

:

- Accesses

InCites™

:

Altmetrics

:

[CLARIVATE ANALYTICS], [WEB OF SCIENCE], [HIGHLY CITED PAPER & CUP LOGO] and [HOT PAPER & FIRE LOGO] are trademarks of Clarivate Analytics, and/or its affiliated company or companies, and used herein by permission and/or license.