検索対象:     
報告書番号:
※ 半角英数字
 年 ~ 
 年

Source term estimation for the Fukushima Daiichi Nuclear Power Station accident by comparing environmental monitoring and atmospheric dispersion simulation

環境モニタリングと大気拡散シミュレーションの比較による福島第一原子力発電所事故の放出源推定

永井 晴康; 寺田 宏明; 茅野 政道*

Nagai, Haruyasu; Terada, Hiroaki; Chino, Masamichi*

福島第一原子力発電所事故により大気中に放出された放射性物質の放出量の時間推移及び大気拡散状況は、事故による環境影響と公衆の被ばく線量を評価するために重要である。原子力機構は、環境モニタリングと大気拡散モデルの解析結果を比較することにより、事故により放出された放射性物質の放出量を推定した。国連科学委員会(UNSCEAR)は、原子力機構の推定結果を陸域環境における放射性物質の濃度レベルと公衆の被ばく線量の評価に利用した。その後、原子力機構は、新たに公開されたモニタリングデータを用いて、沈着プロセスを改良したWSPEEDIの解析により放出源の詳細な推定を行った。ここでは、これまでの放出源推定結果を概観することにより、放出源推定に対するさまざまなモニタリングデータの有効性について議論する。

Temporal variations in the amount of radionuclides released into the atmosphere during the Fukushima Daiichi Nuclear Power Station accident and their atmospheric dispersion are essential to evaluate the environmental impacts and resultant radiological doses to the public. We have estimated the atmospheric releases during the accident by comparing measurements with calculations by atmospheric deposition model. UNSCEAR used our source term for estimating levels of radioactive material in the terrestrial environment and doses to the public. To improve our source term, we recently made detailed source term estimation by using additional monitoring data and WSPEEDI including new deposition scheme. We will discuss the effectiveness of a variety of monitoring data for the source term estimation by reviewing our source term estimation results.

Access

:

- Accesses

InCites™

:

Altmetrics

:

[CLARIVATE ANALYTICS], [WEB OF SCIENCE], [HIGHLY CITED PAPER & CUP LOGO] and [HOT PAPER & FIRE LOGO] are trademarks of Clarivate Analytics, and/or its affiliated company or companies, and used herein by permission and/or license.