検索対象:     
報告書番号:
※ 半角英数字
 年 ~ 
 年

研究施設等廃棄物浅地中処分施設における廃棄体の受入基準の設定; トレンチ処分対象廃棄体への砂充填の検討

Waste acceptance criteria for waste packages destined for near surface disposal containing radioactive waste from research, industrial and medical facilities; Study on a method that fills voidage in waste package with sandy soil

仲田 久和; 林 宏一; 天澤 弘也; 坂井 章浩

Nakata, Hisakazu; Hayashi, Hirokazu; Amazawa, Hiroya; Sakai, Akihiro

日本原子力研究開発機構が計画している研究施設等廃棄物のトレンチ埋設処分施設は、第二種廃棄物埋設事業規則に規定された廃棄物埋設施設及び廃棄体等の技術上の基準に適合していることが求められる。技術上の基準の一つには、「廃棄物埋設地は、土砂等を充填することにより、当該廃棄物埋設地の埋設が終了した後において空隙が残らないように措置すること。」とされている。また、「容器内に有害な空隙が残らないようにすること」が要求される。そのため、埋設事業センターでは、研究施設等廃棄物のトレンチ埋設処分施設においてこれらの技術上の基準に適合させるため、容器内の有害な空隙を管理した上でトレンチ埋設処分施設全体(廃棄物埋設地)での空隙が残らないものとして技術基準に適合させるものとする。本報告では、トレンチ埋設処分で金属製角型容器を使用する場合、容器内の空隙を砂を充填することで低減させることを想定した砂充填試験等を行い、充填する砂の特性、砂充填時の加振条件及び対象廃棄物への砂充填特性を調査・取得した。

JAEA plans to install disposal facilities for radioactive waste arising from research institutes. It must meet the technical standards specified in the relevant rule. One technical standard is that the disposal facilities shall be performance so as not to be left with the voids after the backfilling with soil. Additionally, the rule also requires this radioactive waste be enclosed in a container in which no harmful voids remain. In order to contribute to the development of a method that adapts the disposal facilities to these technical standards, JAEA adopts a waste conditioning artifice that aims for reducing a quantity of voidage in each waste container by a vibration filling method using sandy soil, providing with average void ratios inside the disposal facilities being adequately controlled. In this reports, filling property tests are conducted in the light of filling sand characteristics, types of metal waste and vibration conditions.

Access

:

- Accesses

InCites™

:

Altmetrics

:

[CLARIVATE ANALYTICS], [WEB OF SCIENCE], [HIGHLY CITED PAPER & CUP LOGO] and [HOT PAPER & FIRE LOGO] are trademarks of Clarivate Analytics, and/or its affiliated company or companies, and used herein by permission and/or license.