検索対象:     
報告書番号:
※ 半角英数字
 年 ~ 
 年

Research concept of decommissioning knowledge management for the Fugen NPP

原子炉発電施設「ふげん」に対する廃止措置知識マネジメントに関する基礎研究

樽田 泰宜 ; 柳原 敏*; 井口 幸弘; 北村 高一; 手塚 将志; 香田 有哉

Taruta, Yasuyoshi; Yanagihara, Satoshi*; Iguchi, Yukihiro; Kitamura, Koichi; Tezuka, Masashi; Koda, Yuya

2002年、IAEAは原子力の知識、技術、応用の強化の重要性について言及した。この背景には原子力に係わる職員の高齢化や原子力を学ぶ場の減少が指摘されている。こうした中、原子力知識マネジメント(NKM)と呼ばれる新しい研究分野が立ち上がり、原子力知識や情報の管理としてデータベースの開発が進められている。一方、日本の原子力施設では、運転経験者の退職やそれによる知識・技能の喪失が指摘されている。そこで、本研究では、過去の情報・知識を利用するためのプロトタイプ・データベースシステムを提案する。廃止措置の完了例は、日本ではJPDRが1件のみであり事例は多くはない。そのため大型水炉として初の事例である「ふげん」を対象とする。本研究のプロトタイプ開発から、過去のデータを準備するだけでは十分でない点を指摘した。これは、どのような情報を収集すべきか、そしてそれをいかにして活用すべきか、といった点に関して議論が十分になされていないためである。つまり、既存の情報の活用として運転時代の知識は重要であるものの、廃止措置はそれとは異なるタスクであり、収集された情報をそのまま使用することは必ずしも適切ではないのである。

The IAEA are developed the discussion for those situations and pointed out the importance of nuclear knowledge management. The nuclear knowledge management is developing a database as nuclear knowledge management. In recent years, the IAEA has also advanced knowledge taxonomies on nuclear accidents. These studies are attempts to appropriately arrange and utilize huge amounts of information. Even in nuclear facilities in Japan, it is pointed out that veteran staff aging and loss of knowledge and skill caused by retirement. Therefore, we created a prototype database system to utilize past knowledge and information for ATR Fugen. Now, there are few cases of past decommissioning that can be utilized. This study of pilot model concept revealed that it is not sufficient to just prepare a past data and information. This is what information other than the construction report requires the decommissioning and what kind of information should be gathered.

Access

:

- Accesses

InCites™

:

Altmetrics

:

[CLARIVATE ANALYTICS], [WEB OF SCIENCE], [HIGHLY CITED PAPER & CUP LOGO] and [HOT PAPER & FIRE LOGO] are trademarks of Clarivate Analytics, and/or its affiliated company or companies, and used herein by permission and/or license.