検索対象:     
報告書番号:
※ 半角英数字
 年 ~ 
 年

VR技術を応用した福島第一原子力発電所の廃止措置への挑戦

Challenge to decommissioning of Fukushima Daiichi Nuclear Power Station by applying VR technology

堀口 賢一

Horiguchi, Kenichi

福島第一原子力発電所の廃止措置では、事前検証や操作訓練が他の原子力発電所の廃止措置に比べ、重要である。日本原子力研究開発機構楢葉遠隔技術開発センターでは、実測データを基に事故後の建屋内部状況を模擬したVRシステムや各種実規模大のモックアップ設備を応用して廃止措置に適用するための技術開発が行われている。これらを活用することにより確実かつ効率的な現地での作業への貢献が期待できる。本報では、これまでの原子力発電所での廃止措置におけるVRシステムの活用例を紹介し、VRシステムを活用することで廃止措置を進めるうえでどのような利点が得られたかをまとめる。また、福島第一原子力発電所の廃止措置に貢献することが期待されている楢葉遠隔技術開発センターのVRシステムについて、2017年1月に日本技術士会原子力・放射線部会での視察を踏まえ、その概要について報告する。

The verification activity and training of operation in the Fukushima-Daiichi Nuclear Power Station are more important than another Nuclear Power Station. At the JAEA Naraha Remote Technology Development Center, it has being carried out the development work to apply to the decommissioning work by using the full sized mock up and VR system which is built based on location surveying data of inside the reactor building. It is able to contribute to the decommissioning more reliably and efficiently.

Access

:

- Accesses

InCites™

:

Altmetrics

:

[CLARIVATE ANALYTICS], [WEB OF SCIENCE], [HIGHLY CITED PAPER & CUP LOGO] and [HOT PAPER & FIRE LOGO] are trademarks of Clarivate Analytics, and/or its affiliated company or companies, and used herein by permission and/or license.