検索対象:     
報告書番号:
※ 半角英数字
 年 ~ 
 年

逆コンプトン光を利用した光中性子スペクトル測定

Measurements of photoneutron spectrum using laser-Compton scattering photon

桐原 陽一 ; 波戸 芳仁*; 佐波 俊哉*; 糸賀 俊朗*; 中島 宏; 宮本 修治*; 浅野 芳裕*

Kirihara, Yoichi; Namito, Yoshihito*; Sanami, Toshiya*; Itoga, Toshiro*; Nakashima, Hiroshi; Miyamoto, Shuji*; Asano, Yoshihiro*

これまで原子核内の核子の挙動を知る手段として、光核反応による放出中性子エネルギースペクトルの測定が多く行われているが、光源としては主に電子加速器からの制動放射を利用しているため、単色性などに難点があった。近年、加速器とレーザー物理の発展により、レーザー逆コンプトン散乱(LCS)$$gamma$$線が利用可能となり、単色性が良く、かつ、任意の方向に偏光したLCS$$gamma$$線を比較的容易に用いることができるため、特徴を生かした光核反応実験が可能となった。これまでのLCS$$gamma$$線を利用した光核反応実験では、入射LCS$$gamma$$線の偏光方向に対する放出中性子の角度分布には着目しているが、偏光方向に依存した放出中性子エネルギースペクトルについては言及されていない。よって、我々はLCS$$gamma$$線が利用できるNewSUBARU放射光施設において、十数MeV程度の直線偏光光子及び円偏光光子をターゲットに照射し、光核反応による放出中性子エネルギースペクトルを測定した。本講演では、この測定で得られた、偏光光子による放出中性子スペクトルの角度依存、非偏光光子における放出中性子の直接過程成分の角度分布、放出中性子スペクトルの入射光子に対するエネルギー依存性について報告する。

no abstracts in English

Access

:

- Accesses

InCites™

:

Altmetrics

:

[CLARIVATE ANALYTICS], [WEB OF SCIENCE], [HIGHLY CITED PAPER & CUP LOGO] and [HOT PAPER & FIRE LOGO] are trademarks of Clarivate Analytics, and/or its affiliated company or companies, and used herein by permission and/or license.