検索対象:     
報告書番号:
※ 半角英数字
 年 ~ 
 年

川崎市で採取した土壌中放射性セシウムの深度別存在形態分析

Characterization of radiocesium in core soil collected at Kawasaki

市橋 洵*; 笠利 実希*; 越智 康太郎 ; 小池 裕也*

Ichihashi, Jun*; Kasari, Mitsuki*; Ochi, Kotaro; Koike, Yuya*

本研究では、川崎市の明治大学生田キャンパスにおいて、土壌を深さ30cmまでコアサンプラーを用いて採取し、逐次抽出法を適用することで、放射性セシウムの深度別存在形態分析を行った。土壌試料は、生田キャンパス内の人の手が加えられていない6地点で、植生を考慮し採取した。表層土壌を一地点につき、深度別形態分析用の土壌を採取するポイントを中心に、30cm四方の4点(深さ5cm)でスコップを用いて採取した。また、生田キャンパスの北東で、コアサンプラーを用いて、深さ30cm分の土壌を採取した。採取したコア土壌は、5cmごとに分割し、ねじ口U-8式容器に充填した。放射性セシウム濃度は深度別に、2.5Bq kg$$^{-1}$$(0-5cm)、22.3Bq kg$$^{-1}$$(5-10cm)、3.4Bq kg$$^{-1}$$(10-15cm)、0.3Bq kg$$^{-1}$$(15-20cm)、0.8Bq kg$$^{-1}$$(20-25cm)、1.0Bq kg$$^{-1}$$(25-30cm)であった。川崎市で採取した土壌中の放射性セシウムは、表層から土壌の深さ方向に浸透していることが示唆される。

In this study, we sampled a core soil using a core sampler (0-30 cm) at Kawasaki. A sequential extraction procedure was used to characterize radiocesium in each layer of soil. We selected six sampling points in cosideration of the vegetation. Four soils were collected at 900 cm$$^{2}$$ range area. Core sample (0-30 cm) was devided into 5 cm layer and put in U-8 container, respectively. From measurement results, the vertival distribuition of radiocesium in core soil was 2.5 Bq kg$$^{-1}$$ (0-5 cm), 22.3 Bq kg$$^{-1}$$ (5-10 cm), 3.4 Bq kg$$^{-1}$$ (10-15 cm), 0.3 Bq kg$$^{-1}$$ (15-20 cm), 0.8 Bq kg$$^{-1}$$ (20-25 cm), 1.0 Bq kg$$^{-1}$$ (25-30 cm). It is indicated that radiocesium penetrate to deeper layer at Kawasaki.

Access

:

- Accesses

InCites™

:

Altmetrics

:

[CLARIVATE ANALYTICS], [WEB OF SCIENCE], [HIGHLY CITED PAPER & CUP LOGO] and [HOT PAPER & FIRE LOGO] are trademarks of Clarivate Analytics, and/or its affiliated company or companies, and used herein by permission and/or license.