検索対象:     
報告書番号:
※ 半角英数字
 年 ~ 
 年

Real time and automatic analysis program for WASAVIES; Warning system for aviation exposure to solar energetic particles

航空機被ばく警報システムWASAVIES用リアルタイム自動解析プログラム

佐藤 達彦; 片岡 龍峰*; 塩田 大幸*; 久保 勇樹*; 石井 守*; 保田 浩志*; 三宅 晶子*; Park, I.*; 三好 由純*

Sato, Tatsuhiko; Kataoka, Ryuho*; Shiota, Daiko*; Kubo, Yuki*; Ishii, Mamoru*; Yasuda, Hiroshi*; Miyake, Shoko*; Park, I.*; Miyoshi, Yoshizumi*

本研究では、航空機被ばく警報システムWASAVIESを改良し、太陽フレア時の航空機乗務員被ばく線量をリアルタイムで評価可能とした。具体的には、地上中性子モニタ計数率とGOES衛星により計測した高エネルギー陽子フラックスを5分毎にダウンロードし、そのデータを自動解析してWASAVIES物理モデルで必要となる4つのパラメータを決定することにより、世界各地での宇宙線被ばく線量の現況評価とその時間変化を予測するプログラムを開発した。改良したWASAVIESの性能は、21世紀に発生した3つの大きな太陽フレアイベントを解析することにより検証した。その結果、WASAVIESのリアルタイム線量評価結果は十分な精度を有するものの、その予報精度はイベント毎に大きく異なることが分かった。WASAVIESの結果は、近日中に情報通信機構の公開サーバーから発信される予定である。

A physics-based warning system of aviation exposure to solar energetic particles, WASAVIES, is improved to be capable of real-time and automatic analysis. In the improved system, the count rates of several neutron monitors (NM) at the ground level, as well as the proton fluxes measured by the GOES satellite are continuously downloaded at intervals of 5 min and used for determining the model parameters. The performance of WASAVIES is examined by analyzing the three major GLE events of the 21st century. A web-interface of WASAVIES is also developed and will be released in the near future through the public server of NICT.

Access

:

- Accesses

InCites™

:

パーセンタイル:11.05

分野:Astronomy & Astrophysics

Altmetrics

:

[CLARIVATE ANALYTICS], [WEB OF SCIENCE], [HIGHLY CITED PAPER & CUP LOGO] and [HOT PAPER & FIRE LOGO] are trademarks of Clarivate Analytics, and/or its affiliated company or companies, and used herein by permission and/or license.