検索対象:     
報告書番号:
※ 半角英数字
 年 ~ 
 年

海陸境界付近の断層の分布・特徴、及びその調査・評価技術に関する知見の整理

Compilation of information on spatial distribution and characteristics of faults near coastline, and technologies of survey and assessment for them

丹羽 正和  ; 野村 勝弘; 日浦 祐樹

Niwa, Masakazu; Nomura, Katsuhiro; Hiura, Yuki

四方が海で囲まれているわが国では、沿岸部において地層処分のサイト選定に係る調査が必要となる可能性が考えられる。このうち断層運動に関する調査技術については、陸域での調査に加え、音波探査や海上ボーリングなどの海域での調査についてもそれらの適用性を検討することが求められる。また、沿岸部における地層処分の安全評価のためには、海陸境界付近での断層運動に関する調査・評価技術の整備に加え、わが国の沿岸部における断層の分布や特徴についての情報が十分に整理されていることも重要である。そこで本報告書では、海陸境界付近の断層に対する既存の調査技術の適用性評価、及びわが国の沿岸部の断層運動に関わる特徴の整理のための基礎情報とする目的で、海陸境界付近の断層の分布・連続性や活動性・活動時期に関する調査・研究事例と最新技術に関する情報を収集して取りまとめた。

In the Japanese Islands, coastal area can be proposed as an investigation site for geological disposal of high-level radioactive wastes. For an assessment of fault activity in coastal area, offshore surveys such as acoustic profiling and boring should be examined as well as inland surveys. In addition, adequate understanding spatial distributions and characteristics of faults in the coastal area of Japan will contribute to safety assessment for the geological disposal in such area. In this report, we collected and compiled previous studies focused on spatial distribution, continuity, timing of displacement and recurrence interval of faults near coastline, specifically faults along or across a boundary between land and sea, and technologies of survey and assessment for them.

Access

:

- Accesses

InCites™

:

Altmetrics

:

[CLARIVATE ANALYTICS], [WEB OF SCIENCE], [HIGHLY CITED PAPER & CUP LOGO] and [HOT PAPER & FIRE LOGO] are trademarks of Clarivate Analytics, and/or its affiliated company or companies, and used herein by permission and/or license.