検索対象:     
報告書番号:
※ 半角英数字
 年 ~ 
 年

土壌中放射性セシウムの変動要因の調査

Research of factors varying radiocesium concentration in soil

前原 勇志; 細見 健二; 坂下 和香奈; 藤田 博喜; 中野 政尚

Maehara, Yushi; Hosomi, Kenji; Sakashita, Wakana; Fujita, Hiroki; Nakano, Masanao

環境監視課では、再処理施設保安規定等に基づいて、再処理施設周辺の環境モニタリングを実施している。この環境モニタリング結果において、東京電力福島第一原子力発電所(以下、「1F」という)事故の影響により様々な環境試料についてCs-137濃度が上昇した。1F事故から約7年が経過した現在において、ほとんどの環境試料中のCs-137濃度は単純な物理的半減期あるいは、環境半減期によって経時的な減少傾向を示している。しかし、土壌試料の結果においては、単純な減少傾向を示すのではなく、増減変動を示している。本研究では、土壌中Cs-137濃度の変動要因を解明するために、対象エリアをグリッドに分けて土壌の採取を行い、その範囲内のCs-137の濃度及び量の空間的分布を調査するとともに、リター等からの新たに土壌へ供給されるCs-137量を調査した。

no abstracts in English

Access

:

- Accesses

InCites™

:

Altmetrics

:

[CLARIVATE ANALYTICS], [WEB OF SCIENCE], [HIGHLY CITED PAPER & CUP LOGO] and [HOT PAPER & FIRE LOGO] are trademarks of Clarivate Analytics, and/or its affiliated company or companies, and used herein by permission and/or license.