検索対象:     
報告書番号:
※ 半角英数字
 年 ~ 
 年
検索結果: 6 件中 1件目~6件目を表示
  • 1

発表形式

Initialising ...

選択項目を絞り込む

掲載資料名

Initialising ...

発表会議名

Initialising ...

筆頭著者名

Initialising ...

キーワード

Initialising ...

使用言語

Initialising ...

発行年

Initialising ...

開催年

Initialising ...

選択した検索結果をダウンロード

報告書

東海再処理施設周辺の環境放射線モニタリング結果; 2017年度

中野 政尚; 藤田 博喜; 水谷 朋子; 根本 正史; 飛田 慶司; 河野 恭彦; 細見 健二; 外間 智規; 西村 朋紘; 松原 菜摘; et al.

JAEA-Review 2018-025, 171 Pages, 2019/02

JAEA-Review-2018-025.pdf:3.81MB

核燃料サイクル工学研究所では、「日本原子力研究開発機構核燃料サイクル工学研究所再処理施設保安規定、第IV編 環境監視」に基づき、再処理施設周辺の環境放射線モニタリングを実施している。本報告書は、2017年4月から2018年3月までの間に実施した環境モニタリングの結果、及び大気, 海洋への放射性物質の放出に起因する周辺公衆の線量算出結果について、取りまとめたものであり、2011年3月に発生した東京電力福島第一原子力発電所事故の影響が多くの項目で見られた。なお、環境監視計画の概要、測定方法の概要、測定結果及びその経時変化、気象統計結果、放射性廃棄物の放出状況、東京電力福島第一原子力発電所事故の影響による平常の変動幅を外れた値の評価について付録として収録した。

報告書

東海再処理施設周辺の環境放射線モニタリング結果; 2016年度

中野 政尚; 藤田 博喜; 水谷 朋子; 根本 正史; 飛田 慶司; 細見 健二; 永岡 美佳; 外間 智規; 西村 朋紘; 小池 優子; et al.

JAEA-Review 2017-028, 177 Pages, 2018/01

JAEA-Review-2017-028.pdf:3.61MB

核燃料サイクル工学研究所では、「日本原子力研究開発機構核燃料サイクル工学研究所再処理施設保安規定、第IV編 環境監視」に基づき、再処理施設周辺の環境放射線モニタリングを実施している。本報告書は、2016年4月から2017年3月までの間に実施した環境モニタリングの結果、及び大気、海洋への放射性物質の放出に起因する周辺公衆の線量算出結果について、取りまとめたものであり、2011年3月に発生した東京電力福島第一原子力発電所事故の影響が多くの項目でみられた。なお、環境監視計画の概要、測定方法の概要、測定結果及びその経時変化、気象統計結果、放射性廃棄物の放出状況、東京電力福島第一原子力発電所事故の影響による平常の変動幅を外れた値の評価について付録として収録した。

論文

表土中放射性セシウム濃度の変動傾向に係る調査

藤田 博喜; 前原 勇志; 永岡 美佳; 小嵐 淳

KEK Proceedings 2017-6, p.35 - 39, 2017/11

東京電力福島第一原子力発電所事故以降、東海再処理施設周辺においてもセシウム-137(Cs-137)に加えてセシウム-134が検出されており、それらの濃度の変動は単純な物理的半減期あるいは環境半減期によって特徴づけられる経時的な減少傾向を示すのではなく、増加傾向を示す地点もある。このため、その増加傾向を引き起こしうる環境要因を調査するとともに、表土の採取方法によるセシウム濃度の変動幅を把握することを目的に本調査を行った。この調査の結果、表土中Cs-137濃度は同一地点の狭域内においても空間的に不均一に分布しており、この空間的不均一性によって観測されたCs-137濃度の増減傾向を説明できることが示された。また、森林ではリターのCs-137濃度が表土のそれと比較して高いことから、表土中の濃度をモニタリング対象とする場合には、リター層と土壌を明確に弁別する必要があることが示唆された。

報告書

東海再処理施設周辺の環境放射線モニタリング結果; 2015年度

中野 政尚; 藤田 博喜; 水谷 朋子; 細見 健二; 永岡 美佳; 外間 智規; 横山 裕也; 西村 朋紘; 松原 菜摘; 前原 勇志; et al.

JAEA-Review 2016-035, 179 Pages, 2017/03

JAEA-Review-2016-035.pdf:4.2MB

核燃料サイクル工学研究所では、「日本原子力研究開発機構核燃料サイクル工学研究所再処理施設保安規定、第IV編 環境監視」に基づき、再処理施設周辺の環境放射線モニタリングを実施している。本報告書は、2015年4月から2016年3月までの間に実施した環境モニタリングの結果、及び大気、海洋への放射性物質の放出に起因する周辺公衆の線量算出結果について、取りまとめたものであり、2011年3月に発生した東京電力福島第一原子力発電所事故の影響が多くの項目でみられた。なお、環境監視計画の概要、測定方法の概要、測定結果及びその経時変化、気象統計結果、放射性廃棄物の放出状況、東京電力福島第一原子力発電所事故の影響による平常の変動幅を外れた値の評価について付録として収録した。

口頭

土壌中放射性セシウムの変動要因の調査

前原 勇志; 細見 健二; 坂下 和香奈; 藤田 博喜; 中野 政尚

no journal, , 

環境監視課では、再処理施設保安規定等に基づいて、再処理施設周辺の環境モニタリングを実施している。この環境モニタリング結果において、東京電力福島第一原子力発電所(以下、「1F」という)事故の影響により様々な環境試料についてCs-137濃度が上昇した。1F事故から約7年が経過した現在において、ほとんどの環境試料中のCs-137濃度は単純な物理的半減期あるいは、環境半減期によって経時的な減少傾向を示している。しかし、土壌試料の結果においては、単純な減少傾向を示すのではなく、増減変動を示している。本研究では、土壌中Cs-137濃度の変動要因を解明するために、対象エリアをグリッドに分けて土壌の採取を行い、その範囲内のCs-137の濃度及び量の空間的分布を調査するとともに、リター等からの新たに土壌へ供給されるCs-137量を調査した。

口頭

松林におけるCs-137の動態調査

前原 勇志

no journal, , 

環境監視課では、再処理保安規定等に基づいて、再処理施設周辺の環境モニタリングを実施している。このモニタリング結果において、東京電力ホールディングス福島第一原子力発電所(以下、「1F」という)事故の影響により様々な環境試料でCs-137濃度が上昇した。1F事故から約8年が経過した現在においては、ほとんどの環境試料中のCs-137濃度は、物理的半減期あるいは、風雨などの自然要因によって単調な減少傾向を示している。しかし、土壌のモニタリング結果においては、単調な減少傾向は見られず、大きな変動を示している。この変動は、Cs-137濃度が土壌よりも1桁以上高いリター(腐葉土)が、土壌採取時に土壌試料に混入していることで生じているものであることが分かった(平成29年度 若手研)。リターに保持されたCs-137は、リターの分解に伴って土壌へ移行すると考えられるため、土壌採取時にリターの混入を防いだとしても、モニタリング結果に大きな影響を与えることが予想される。本調査では、リターバックを用いて、その重量変化からリターの分解速度を求め、分解に伴うCs-137の濃度変化について調査を行った。また、リタートラップを用いて、地表面へ新たに供給されるリターフォール(落葉物)のCs-137量について調査を行った。

6 件中 1件目~6件目を表示
  • 1