検索対象:     
報告書番号:
※ 半角英数字
 年 ~ 
 年

核不拡散・核セキュリティ用ダイアウェイ時間差分析装置の開発; 中性子吸収シートの効果

Development of active neutron DDA system for nuclear non-proliferation and nuclear security; Effect of neutron absorber sheet

大図 章 ; 前田 亮 ; 米田 政夫  ; 藤 暢輔  

Ozu, Akira; Maeda, Makoto; Komeda, Masao; Toh, Yosuke

原子力機構では、核不拡散・核セキュリティに資するため使用済み燃料等の高線量核物質測定法の確立を目指しており、その一環としてアクティブ中性子非破壊測定法の一つであるダイアウェイ時間差分析法(DDA法)の技術開発を実施している。DDA法は、中性子を核分裂性物質に照射し、誘発される核分裂反応によって放出される中性子を測定する。照射する中性子の一部は、エピサーマル及び熱中性子となって測定室に滞留して測定器に検出されるためバックグランドレベルを押し上げ、核物質の検出感度を劣化させる。原子力機構が開発したFNDI法では、測定室の内面に中性子吸収シートを取り付けることでバックグラウンドとなる中性子を取り除いている。本講演では、その効果を調査した結果について報告する。

no abstracts in English

Access

:

- Accesses

InCites™

:

Altmetrics

:

[CLARIVATE ANALYTICS], [WEB OF SCIENCE], [HIGHLY CITED PAPER & CUP LOGO] and [HOT PAPER & FIRE LOGO] are trademarks of Clarivate Analytics, and/or its affiliated company or companies, and used herein by permission and/or license.