検索対象:     
報告書番号:
※ 半角英数字
 年 ~ 
 年

Nuclear moments of the low-lying isomeric $$1^+$$ state of $$^{34}$$Al; Investigation on the neutron $$1p1h$$ excitation across $$N=20$$ in the island of inversion

$$^{34}$$Alの低励起$$1^+$$核異性体の核モーメント; 逆転の島における中性子数20を越えた中性子-粒子-空孔励起の探求

Xu, Z. Y.*; Heylen, H.*; 旭 耕一郎*; Boulay, F.*; Daugas, J. M.*; de Groote, R. P.*; Gins, W.*; Kamalou, O.*; Koszor$'u$s, $'A$.*; Lykiardopoupou, M.*; Mertzimekis, T. J.*; Neyens, G.*; 西畑 洸希*; 大塚 孝治*; Orset, R.*; Poves, A.*; 佐藤 智哉*; Stodel, C.*; Thomas, J. C.*; 角田 直文*; 宇都野 穣; Vandebrouck, M.*; Yang, X. F.*

Xu, Z. Y.*; Heylen, H.*; Asahi, Koichiro*; Boulay, F.*; Daugas, J. M.*; de Groote, R. P.*; Gins, W.*; Kamalou, O.*; Koszor$'u$s, $'A$.*; Lykiardopoupou, M.*; Mertzimekis, T. J.*; Neyens, G.*; Nishibata, Hiroki*; Otsuka, Takaharu*; Orset, R.*; Poves, A.*; Sato, Tomoya*; Stodel, C.*; Thomas, J. C.*; Tsunoda, Naofumi*; Utsuno, Yutaka; Vandebrouck, M.*; Yang, X. F.*

GANIL研究所において、$$^{36}$$Sからのフラグメンテーション反応によって中性子過剰核$$^{34}$$Alにおける核異性体である$$1^+$$状態を生成し、その磁気双極子モーメントと電気的四重極モーメント(Qモーメント)をそれぞれ$$beta$$-NMR法および$$beta$$-NQR法を用いて測定した。この状態は中性子数20の殻ギャップを越えて励起したものであり、その性質を実験的に押さえることは、この原子核の周辺で知られている逆転の島(基底状態で既に殻ギャップを越えた励起が起こるとされる原子核の一団)の発現のメカニズムを解明するための有益な情報を与える。測定されたg因子の絶対値は$$1.757pm 0.014$$、Qモーメントの絶対値は38(5)mbとなった。これらの値は、大規模殻模型計算による予言値に近く、模型の高い記述能力を確かめることができた。

no abstracts in English

Access

:

- Accesses

InCites™

:

パーセンタイル:100

分野:Astronomy & Astrophysics

Altmetrics

:

[CLARIVATE ANALYTICS], [WEB OF SCIENCE], [HIGHLY CITED PAPER & CUP LOGO] and [HOT PAPER & FIRE LOGO] are trademarks of Clarivate Analytics, and/or its affiliated company or companies, and used herein by permission and/or license.