検索対象:     
報告書番号:
※ 半角英数字
 年 ~ 
 年

External dose evaluation based on detailed air dose rate measurements in living environments

生活環境における詳細な空間線量率測定に基づく外部被ばく評価

佐藤 哲朗*; 安藤 真樹  ; 佐藤 正子*; 斎藤 公明

Sato, Tetsuro*; Ando, Masaki; Sato, Masako*; Saito, Kimiaki

避難指示が解除された後に住民が帰還した場合の現実的な外部被ばく線量を推定する方法について考案し、考案した方法に基づき調査を行った。6つの町村に帰還を検討している211人の住民を対象に、2014年度, 2015年度及び2016年度の3年間にわたり調査を実施した。帰還後に想定される生活行動パターンについて対象者へのヒアリングを実施した後、ヒアリング結果に基づき詳細な空間線量率の測定を行った。自宅内の線量率測定ができなかった15名の対象者を除いて、外部被ばく線量の最大値と平均値はそれぞれ4.9mSv/y, 0.86mSv/yとなった。被ばく線量の平均値とばらつきの大きさは避難指示区域の区分により異なるが、全対象者の93.3%において、推定される外部被ばく線量は2mSv/y以下であった。本研究での調査対象者全員の生活行動パターンの解析において、年間の生活時間のうち平均で87%の時間を屋内で過ごすという結果が得られた。さらに、自宅での被ばく線量が年間の被ばく線量の66.8%を占めるという結果が得られた。このことから、被ばく線量を現実的に評価するには自宅内の空間線量率を測定することが重要であるといえる。

A method was devised for estimation of external doses of Fukushima residents expected to return to their homes after evacuation orders are lifted. 211 residents expected to return to six towns and villages were surveyed in FY 2014, FY 2015, and FY2016. Interviewing returning residents about their expected life patterns after returning, air dose rate were measured along the reported personal trails representing their patterns of movement in daily life. Excluding 15 residents from whose homes we were unable to take air dose rate measurements, the maximum external effective dose and the average external effective dose were estimated respectively as 4.9 mSv/y and 0.86 mSv/y. Although the mean values and dispersion of external effective doses differ depending on the evacuation level, for 93.3% of all residents, the estimated external effective doses were less than 2 mSv/y. The average exposure dose at home accounts for 66.8% of the annual exposure dose.

Access

:

- Accesses

InCites™

:

パーセンタイル:100

分野:Environmental Sciences

Altmetrics

:

[CLARIVATE ANALYTICS], [WEB OF SCIENCE], [HIGHLY CITED PAPER & CUP LOGO] and [HOT PAPER & FIRE LOGO] are trademarks of Clarivate Analytics, and/or its affiliated company or companies, and used herein by permission and/or license.