検索対象:     
報告書番号:
※ 半角英数字
 年 ~ 
 年

プルーム中を飛行する無人機に付着するエアロゾル量の推定

Estimation of aerosol attachment to airplane flying in plume from nuclear power plant

長田 直之*; 石崎 梓; 西澤 幸康*; 結城 洋一*; 眞田 幸尚 

Osada, Naoyuki*; Ishizaki, Azusa; Nishizawa, Yukiyasu*; Yuki, Yoichi*; Sanada, Yukihisa

環境放射線の測定を目的とした小型無人飛行機を用いたモニタリング技術は、福島第一原子力発電所事故を契機とする放射性物質の拡散状況を調査するために有用な手法と考えられている。無人飛行機がプルーム中を飛行すると、プルームに含まれる放射性エアロゾルが飛行機に付着し、その放射線が線量測定を妨害する可能性がある。本研究では、さまざまな条件下で無人飛行機体に付着するエアロゾルの量を測定し、その影響を考察した。

no abstracts in English

Access

:

- Accesses

InCites™

:

Altmetrics

:

[CLARIVATE ANALYTICS], [WEB OF SCIENCE], [HIGHLY CITED PAPER & CUP LOGO] and [HOT PAPER & FIRE LOGO] are trademarks of Clarivate Analytics, and/or its affiliated company or companies, and used herein by permission and/or license.