検索対象:     
報告書番号:
※ 半角英数字
 年 ~ 
 年

Development of emergency monitoring system for radionuclide emitting alpha-ray in the air

空気中のアルファ線放出核種を対象とした緊急時モニタリングシステムの開発

外間 智規; 藤田 博喜; 飯本 武志*

Hokama, Tomonori; Fujita, Hiroki; Iimoto, Takeshi*

原子力事故や放射能事故のような緊急時には、空気中の放射性核種をモニタリングすることが重要である。しかしながら、豊富に存在する天然放射性核種による妨害が大きく人工核種の測定は困難である。本研究では、アルファ/ベータサーベイメータと多重パルス時間間隔解析法を用いて、プルトニウムなどのアルファ線を放出する人工核種を迅速に測定可能なモニタリングシステムを開発した。開発した本モニタリングシステムの検出限界値は、空気中の人工放射性核種濃度に換算して2.5$$times$$10$$^{-8}$$ Bq cm$$^{-3}$$となった。

It is important to monitor alpha-ray emitting radionuclides in an airborne sample in case of emergency such as nuclear and radiation accidents. However, it was difficult to assess concentrations of their artificial alpha-ray emitting radionuclides because of the abundance of natural radionuclides. In this research, I develop the emergency monitoring system for artificial radionuclides emitting alpha-ray such as plutonium in the air, using survey meter and multiple time interval analysis. The detection limit of this developed monitoring system was 2.5$$times$$10$$^{-8}$$ Bq cm$$^{-3}$$ in concentration of artificial radionuclide in the air.

Access

:

- Accesses

InCites™

:

Altmetrics

:

[CLARIVATE ANALYTICS], [WEB OF SCIENCE], [HIGHLY CITED PAPER & CUP LOGO] and [HOT PAPER & FIRE LOGO] are trademarks of Clarivate Analytics, and/or its affiliated company or companies, and used herein by permission and/or license.