検索対象:     
報告書番号:
※ 半角英数字
 年 ~ 
 年

加速器質量分析法による年代測定技術とその応用; 前処理手法の改良による極微量分析の検討

Dating techniques and its application by Accelerator Mass Spectrometry; Improvement in preparation method for ultra-trace analysis

渡邊 隆広

Watanabe, Takahiro

東濃地科学センター土岐地球年代学研究所では、加速器質量分析法を用いた地質試料の年代測定が可能である。これまでに放射性炭素, ベリリウム-10及びアルミニウム-26による年代測定が実用化されている。本技術開発では、放射性炭素年代測定に必要な前処理手法の改良として、元素分析計及び自動グラファイト調製装置を用いた作業の効率化を検討した。本技術開発により実施した国際標準試料の測定結果は、既報の値とよく一致した。また、両装置を用いることにより、年代測定に必要なグラファイト調製までの作業時間が大幅に短縮された。さらに、両装置を用いることにより、従来法で必要な試料量の10分の1となる炭素量0.1mgでのグラファイト調製に成功した。

Accelerator Mass Spectrometry is widely used for radiometric dating of geological samples. Radiocarbon, Beryllium-10 and Aluminum-26 measurements by Accelerator Mass Spectrometry have been developed at the Toki Research Institute of Isotope Geology and Geochronology, Tono Geoscience Center, JAEA. However, improvement in efficiency of sample preparation techniques and ultra-trace analysis are needed for high-time resolution dataset. In this study, we improved preparation method for radiocarbon dating using elemental analyzer (EA) and automated graphitization equipment (AGE3).

Access

:

- Accesses

InCites™

:

Altmetrics

:

[CLARIVATE ANALYTICS], [WEB OF SCIENCE], [HIGHLY CITED PAPER & CUP LOGO] and [HOT PAPER & FIRE LOGO] are trademarks of Clarivate Analytics, and/or its affiliated company or companies, and used herein by permission and/or license.