検索対象:     
報告書番号:
※ 半角英数字
 年 ~ 
 年

確率論的破壊力学を用いた原子炉圧力容器の過渡時健全性評価

Structural integrity assessment for reactor pressure vessel during transients using probabilistic fracture mechanics

鈴木 峻史*; 鈴木 雅秀*; 村上 健太*; 勝山 仁哉; Li, Y.

Suzuki, Takashi*; Suzuki, Masahide*; Murakami, Kenta*; Katsuyama, Jinya; Li, Y.

原子炉圧力容器の健全性は、中性子照射脆化や加圧熱衝撃事象を考慮して、想定欠陥に対する破壊力学的評価により確認することとなっている。これまでの研究において過渡事象の想定は健全性評価に大きく影響することが知られている。本報告では従来の代表的な過渡事象以外に再加圧などにより大きな影響を持つ事象がある可能性について検討し、決定論的評価による安全裕度(温度裕度)と確率論的評価による条件付き亀裂進展・破壊確率の関係について確率論的破壊力学コードを用いて解析・検討を行った。

no abstracts in English

Access

:

- Accesses

InCites™

:

Altmetrics

:

[CLARIVATE ANALYTICS], [WEB OF SCIENCE], [HIGHLY CITED PAPER & CUP LOGO] and [HOT PAPER & FIRE LOGO] are trademarks of Clarivate Analytics, and/or its affiliated company or companies, and used herein by permission and/or license.