検索対象:     
報告書番号:
※ 半角英数字
 年 ~ 
 年

Current status of WASAVIES; Warning system for aviation exposure to solar energetic particles

太陽高エネルギー粒子による航空機被ばく警報システムWASAVIESの現状

佐藤 達彦; 片岡 龍峰*; 塩田 大幸*; 久保 勇樹*; 石井 守*; 保田 浩志*; 三宅 晶子*; Park, I.*; 三好 由純*

Sato, Tatsuhiko; Kataoka, Ryuho*; Shiota, Daiko*; Kubo, Yuki*; Ishii, Mamoru*; Yasuda, Hiroshi*; Miyake, Shoko*; Park, I.*; Miyoshi, Yoshizumi*

原子力機構は、科学研究費補助金(科研費)新学術領域PSTEPの枠組みで、巨大な太陽フレアが発生した場合の航空機高度における被ばく線量を推定・予報するシステムWASAVIESの開発を進めている。本発表では、その開発の現状、特に最近開発したリアルタイム自動解析アルゴリズムについて紹介する。自動解析アルゴリズムでは、GOES衛星により観測した陽子フラックスと地上中性子モニタ計数率を5分間隔でダウンロードし、あらかじめ計算しておいたいくつかの太陽フレアのパターンから最適なものを選択する。その精度は、21世紀に発生した複数の太陽フレアイベントにより検証されている。WASAVIESは、情報通信研究機構のウェブサイトより3月に公開される予定である。

We are developing a physics-based warning system for aviation exposure to solar energetic particles, WASAVIES, under the framework of the PSTEP project in Japan. It can nowcast and forecast the radiation dose rates all over the world up to 24 h after the large solar flare onset. The performance of WASAVIES is examined by analyzing the three major GLE events of the 21st century. The accuracy of the calculated dose rates is well validated by the reproducibility of the count rates of several neutron monitors and GOES proton fluxes. A web-interface of WASAVIES is also developed and will be released from March 2019 through the public server of NICT.

Access

:

- Accesses

InCites™

:

Altmetrics

:

[CLARIVATE ANALYTICS], [WEB OF SCIENCE], [HIGHLY CITED PAPER & CUP LOGO] and [HOT PAPER & FIRE LOGO] are trademarks of Clarivate Analytics, and/or its affiliated company or companies, and used herein by permission and/or license.