検索対象:     
報告書番号:
※ 半角英数字
 年 ~ 
 年

幌延深地層研究センターゆめ地創館および地下研究施設を活用したリスク・コミュニケーション

Risk communication at Horonobe Underground Research Center, using the Public Information House and Underground Research Laboratory

大澤 英昭; 野上 利信; 星野 雅人; 徳永 博昭*; 堀越 秀彦*

Osawa, Hideaki; Nogami, Toshinobu; Hoshino, Masato; Tokunaga, Hiroaki*; Horikoshi, Hidehiko*

日本原子力研究開発機構幌延深地層研究センターでは、国民のみなさまの地層処分技術に関する研究開発および地層処分の理解を深めることを目的に、ゆめ地創館および地下研究施設を活用してリスク・コミュニケーションを実施してきた。本稿では、2013$$sim$$2017年度、これらの施設の見学後に実施しているアンケート調査の結果を分析した。その結果は、理解度が深まると、長期の安全性についてはより不安な要素としてクローズアップされていることを示唆している。また、地下研究施設を見学している回答者の方が、見学していない回答者と比較して、地層処分の必要性,適切性,安全性をポジティブに評価していることなどから、本施設の見学が、地層処分の理解にとって貴重な体験になっていることが示唆される。

Japan Atomic Energy Agency has performed risk communication at Horonobe Underground Research Center, using the Public Information House and Underground Research Laboratory (URL), to promote understanding R&D of geological disposal technology and waste disposal against public. In this paper, we conducted the analysis of questionnaire investigation performing after visiting those facilities from FY2013 to FY2017. The results show that long-term safety would gain prominent attention as agita factor by growing understanding. The results also shows that visiting to those facility would become valuable experience to understand geological disposal because, for example, respondents with visiting to URL positively evaluated necessity, appropriates and safety of geological disposal, compared with those without visiting URL.

Access

:

- Accesses

InCites™

:

Altmetrics

:

[CLARIVATE ANALYTICS], [WEB OF SCIENCE], [HIGHLY CITED PAPER & CUP LOGO] and [HOT PAPER & FIRE LOGO] are trademarks of Clarivate Analytics, and/or its affiliated company or companies, and used herein by permission and/or license.