検索対象:     
報告書番号:
※ 半角英数字
 年 ~ 
 年

Implementation of random sampling for ACE-format cross sections using FRENDY and application to uncertainty reduction

FRENDYを用いたACE形式断面積のランダムサンプリング機能の実装と不確定性低減の適用

近藤 諒一*; 遠藤 知弘*; 山本 章夫*; 多田 健一

Kondo, Ryoichi*; Endo, Tomohiro*; Yamamoto, Akio*; Tada, Kenichi

核データ処理コードFRENDYのモジュールを用いて、ACE形式の断面積に任意の摂動を与える機能を開発した。本機能では、ACE形式の断面積を共分散データに基づいてランダムサンプリングし、各断面積の実効増倍率や中性子生成時間の感度を評価することができる。本機能の妥当性を評価するため、Godiva炉心を用いて摂動論に基づく決定論的手法(TSUNAMI-1D)及び確率論的手法(MCNP6.2)の結果と比較したところ、統計誤差の範囲内で一致することを確認した。また、不確かさ低減手法を適用したところ、実効増倍率と中性子生成時間の相関性を用いることで中性子生成時間の不確かさが低減することが分かった。

A perturbation capability of ACE formatted cross section files was developed using the modules of FRENDY. Uncertainty quantification using MCNP was carried out for the Godiva critical experiment by the RS method. We verified the results of the RS method by comparing with those obtained by the conventional sensitivity analyses. Moreover, uncertainty reduction using the bias factor method with the RS technique was applied to kinetic parameter, i.e., neutron generation time.

Access

:

- Accesses

InCites™

:

Altmetrics

:

[CLARIVATE ANALYTICS], [WEB OF SCIENCE], [HIGHLY CITED PAPER & CUP LOGO] and [HOT PAPER & FIRE LOGO] are trademarks of Clarivate Analytics, and/or its affiliated company or companies, and used herein by permission and/or license.