検索対象:     
報告書番号:
※ 半角英数字
 年 ~ 
 年

Predictability of a short-term emergency assessment system of the marine environmental radioactivity

緊急時海洋環境放射能評価システムの精度検証

川村 英之; 上平 雄基; 小林 卓也

Kawamura, Hideyuki; Kamidaira, Yuki; Kobayashi, Takuya

日本原子力研究開発機構は、原子力施設等から放出される放射性核種の日本近海における海洋拡散を予測するため、緊急時海洋環境放射能評価システムを開発した。本研究の目的は、これまでに蓄積した海況の予測データと再解析データを使用して、緊急時海洋環境放射能評価システムの予測精度を検証することである。再解析データは、データ同化により最適化されたものであり、過去の事象を解析するのに信頼性が高いため、再解析データを入力した海洋拡散シミュレーションの結果を真値と仮定した。予測精度の検証は、福島第一原子力発電所から放出されるセシウム137を想定した海洋拡散シミュレーションにより行った。複数の海洋拡散シミュレーションを実行することで統計的に予測精度を検証し、予測期間毎に変化する予測精度を定量的に評価した。さらに、アンサンブル予測を適用することで、予測精度を向上させることに成功した。

The Japan Atomic Energy Agency developed a Short-Term Emergency Assessment system of the Marine Environmental Radioactivity (STEAMER) to predict the oceanic dispersion of radionuclides in the ocean around Japan. The purpose of this study is to validate the predictability of STEAMER using oceanographic forecast and reanalysis data, which were saved for past several years. Results of oceanic dispersion simulations that are driven by oceanographic reanalysis data are assumed to be true solutions. Oceanic dispersion simulations are conducted for Cs-137 released hypothetically from the Fukushima Daiichi Nuclear Power Plant. The predictability of STEAMER is quantitatively examined for the length of the forecast period. Ensemble forecast simulations are also conducted to successfully improve the predictability of STEAMER.

Access

:

- Accesses

InCites™

:

パーセンタイル:100

分野:Nuclear Science & Technology

Altmetrics

:

[CLARIVATE ANALYTICS], [WEB OF SCIENCE], [HIGHLY CITED PAPER & CUP LOGO] and [HOT PAPER & FIRE LOGO] are trademarks of Clarivate Analytics, and/or its affiliated company or companies, and used herein by permission and/or license.