検索対象:     
報告書番号:
※ 半角英数字
 年 ~ 
 年

NMM-DDA連成解析による鉱山捨石たい積場の地震時安定性検討

Stability of a mine rubble deposit in earthquakes using NMM + DDA coupled analysis

佐々木 猛*; 堀川 滋雄*; 越谷 賢*; 福嶋 繁 ; 小原 義之

Sasaki, Takeshi*; Horikawa, Shigeo*; Koshigai, Masaru*; Fukushima, Shigeru; Ohara, Yoshiyuki

当該捨石たい積場は、風化花崗岩を基盤とする斜面勾配が約35度の谷地形に掘削土砂を投下している。捨石たい積場末端は河川に隣接し、想定される地震が発生した場合、斜面を形成する土砂が河川内に流入することが懸念される。本発表では、地震による捨石たい積場の安定性問題の解析をManifold法とDDAを組み合わせ、地震入力基盤は連続体のManifold法に入力し、上部の崩壊土砂は回転自由度を持つDDAでモデル化して、地震による斜面の安定性を検討した。これらの結果、たい積土砂は斜面上部から中央部で円弧状に最大で約3m移動することが判明した。これらの移動を抑える対策工として鉄筋挿入工が検討され、たい積土砂の移動量を40%から70%程度低減し、当該斜面が地震時でも安定であることが判明した。

no abstracts in English

Access

:

- Accesses

InCites™

:

Altmetrics

:

[CLARIVATE ANALYTICS], [WEB OF SCIENCE], [HIGHLY CITED PAPER & CUP LOGO] and [HOT PAPER & FIRE LOGO] are trademarks of Clarivate Analytics, and/or its affiliated company or companies, and used herein by permission and/or license.