検索対象:     
報告書番号:
※ 半角英数字
 年 ~ 
 年

Present status of the JAEA-AMS-TONO in 2019

JAEA-AMS-TONOの現状(2019)

藤田 奈津子; 松原 章浩; 三宅 正恭*; 渡邊 隆広; 國分 陽子; 加藤 元久*; 岡部 宣章*; 磯崎 信宏*; 石坂 千佳*; 西尾 智博; 西澤 章光*; 島田 顕臣; 尾方 伸久

Fujita, Natsuko; Matsubara, Akihiro; Miyake, Masayasu*; Watanabe, Takahiro; Kokubu, Yoko; Kato, Motohisa*; Okabe, Nobuaki*; Isozaki, Nobuhiro*; Ishizaka, Chika*; Nishio, Tomohiro; Nishizawa, Akimitsu*; Shimada, Akiomi; Ogata, Nobuhisa

日本原子力研究開発機構東濃地科学センターでは加速器質量分析装置JAEA-AMS-TONOを1998年から運用を開始し、高レベル放射性廃棄物の地層処分技術に関する研究開発の一環として行う深地層の科学的研究のうち、地質環境の長期安定性に関する研究に対して年代測定及びその技術の開発を行っている。本発表では2019年度の現状について報告する。装置導入から2018年度までの総測定時間は約25,000時間であり、総測定試料数は20,000試料を超え、複数の核種による年代測定法を実用化しており、幅広い年代値を持つ地質試料等に適用している。最近では測定試料が増加し、新しいAMS装置の導入が予定されている。

no abstracts in English

Access

:

- Accesses

InCites™

:

Altmetrics

:

[CLARIVATE ANALYTICS], [WEB OF SCIENCE], [HIGHLY CITED PAPER & CUP LOGO] and [HOT PAPER & FIRE LOGO] are trademarks of Clarivate Analytics, and/or its affiliated company or companies, and used herein by permission and/or license.