検索対象:     
報告書番号:
※ 半角英数字
 年 ~ 
 年

Prediction of thermodynamic data for radium suitable for thermodynamic database for radioactive waste management using an electrostatic model and correlation with ionic radii among alkaline earth metals

静電モデルおよびアルカリ土類金属間のイオン半径の関係を用いて算出した、放射性廃棄物処分に適した熱力学データベースのためのラジウムの熱力学データの推定値

北村 暁; 吉田 泰*

Kitamura, Akira; Yoshida, Yasushi*

高レベル放射性廃棄物地層処分の性能評価のためのラジウムの熱力学データについて、静電モデルおよびアルカリ土類金属間のイオン半径の関係を用いて推定した。ラジウムの溶存化学種および化合物のギブズ標準自由エネルギー変化および標準モルエントロピーについて、イオン対生成モデルをもとにストロンチウムおよびバリウムの熱力学データを外挿することで推定した。これらの推定値を用いて、標準モルエンタルピーも推定した。ストロンチウムとバリウムの熱力学データとして原子力機構(JAEA)が整備した熱力学データベース(JAEA-TDB)を用いることで、JAEA-TDBに組み込むのに適切なラジウムの熱力学データを算出した。得られた熱力学データを既往の文献値と比較した。

Thermodynamic data for radium for radioactive waste management have been predicted using an electrostatic model and correlation with the ionic radii of the alkaline earth metals. Estimation of the standard Gibbs free energy of formation and standard molar entropy of aqueous radium species and compounds has been based on such approaches as extrapolation of the thermodynamic properties of strontium and barium, and use of a model of ion pair formation. The predicted thermodynamic data for radium have been compared with previously reported values.

Access

:

- Accesses

InCites™

:

パーセンタイル:100

分野:Chemistry, Analytical

Altmetrics

:

[CLARIVATE ANALYTICS], [WEB OF SCIENCE], [HIGHLY CITED PAPER & CUP LOGO] and [HOT PAPER & FIRE LOGO] are trademarks of Clarivate Analytics, and/or its affiliated company or companies, and used herein by permission and/or license.