検索対象:     
報告書番号:
※ 半角英数字
 年 ~ 
 年

Photoproduction of $$bar{D}^0 Lambda_c^+$$ within the Regge-plus-resonance model

共鳴状態を伴うレッジェ模型による$$bar{D}^0 Lambda_c^+$$光生成

Skoupil, D.*; 山口 康宏

Skoupil, D.*; Yamaguchi, Yasuhiro

本論文では$$bar{D}$$中間子光生成に関する研究が行われた。光生成実験は今後チャームハドロンの性質解明のため、重要なツールとなることが期待されている。一方でこれらチャームハドロンに関する光生成において多くのパラメータがいまだ決定されていない。そこでは我々は比較的パラメータ数の少ないRegge-plus-resonance模型を用いた生成断面積の計算を行った。バックグラウンドでは$$t$$チャンネルに$$bar{D}^0$$軌跡を、$$u$$チャンネルに$$Lambda_c^+$$軌跡を導入した。これらはエネルギーに対して滑らかな形の断面積を生成することが得られた。また、$$s$$チャンネルに最近報告された$$P_c$$ペンタクォーク状態の寄与を導入したところ、断面積に鋭いピーク構造を作ることが予言された。

$$bar{D}$$-meson photoproduction off the proton is studied, which will be useful tool to investigate the charmed-hadron properties. Since many parameters are still unknown in the charmed-hadron photoproduction, we employ the Regge-plus-resonance model, where there are limited number of parameters needed to be adjusted. The background part is modeled within the Regge model with the $$bar{D}^0$$ trajectories being exchanged in the $$t$$ channel or $$Lambda_c^+$$ trajectories in the $$u$$ channel. These contributions create the cross sections which are smooth functions of energies. We also introduce the exchange of the hidden-pentaquarks $$P_c$$ in the $$s$$ channel that create the sharp peak in the cross section predictions.

Access

:

- Accesses

InCites™

:

パーセンタイル:100

分野:Astronomy & Astrophysics

Altmetrics

:

[CLARIVATE ANALYTICS], [WEB OF SCIENCE], [HIGHLY CITED PAPER & CUP LOGO] and [HOT PAPER & FIRE LOGO] are trademarks of Clarivate Analytics, and/or its affiliated company or companies, and used herein by permission and/or license.