検索対象:     
報告書番号:
※ 半角英数字
 年 ~ 
 年

Variational approach with the superposition of the symmetry-restored quasiparticle vacua for nuclear shell-model calculations

原子核殻模型における対称性を回復した準粒子真空の重ね合わせを用いた変分的アプローチ

清水 則孝*; 角田 佑介*; 宇都野 穣; 大塚 孝治*

Shimizu, Noritaka*; Tsunoda, Yusuke*; Utsuno, Yutaka; Otsuka, Takaharu*

配位混合殻模型は、核子間相関をよく取り込むことができるため、原子核構造を記述する有力な模型の一つである。核子数の多い原子核を殻模型で計算するには、極めて大きな次元数をもつハミルトニアン行列の対角化が必要なため、現実的には不可能である。このような系に対しては、変形したスレーター行列式の重ね合わせによる変分法に基づいた、モンテカルロ殻模型と呼ばれる手法が用いられてきたが、質量数が大きな原子核では精度に課題があった。この論文では、基底をスレーター行列式から準粒子真空に置き換える、新しい手法を提案した。それにより、中重核の二重ベータ行列要素に対し、より信頼できる値を得ることが可能となった。

no abstracts in English

Access

:

- Accesses

InCites™

:

Altmetrics

:

[CLARIVATE ANALYTICS], [WEB OF SCIENCE], [HIGHLY CITED PAPER & CUP LOGO] and [HOT PAPER & FIRE LOGO] are trademarks of Clarivate Analytics, and/or its affiliated company or companies, and used herein by permission and/or license.