検索対象:     
報告書番号:
※ 半角英数字
 年 ~ 
 年

Structure of $$^{30}$$Mg explored via in-beam $$gamma$$-ray spectroscopy

インビームガンマ線分光で探る$$^{30}$$Mgの構造

北村 徳隆*; Wimmer, K.*; 清水 則孝*; Bader, V. M.*; Bancroft, C.*; Barofsky, D.*; Baugher, T.*; Bazin, D.*; Berryman, J. S.*; Bildstein, V.*; Gade, A.*; 今井 伸明*; Kr$"o$ll, T.*; Langer, C.*; Lloyd, J.*; Lunderberg, E.*; Perdikakis, G.*; Recchia, F.*; Redpath, T.*; Saenz, S.*; Smalley, D.*; Stroberg, S. R.*; Tostevin, J. A.*; 角田 直文*; 宇都野 穣; Weisshaar, D.*; Westerberg, A.*

Kitamura, Noritaka*; Wimmer, K.*; Shimizu, Noritaka*; Bader, V. M.*; Bancroft, C.*; Barofsky, D.*; Baugher, T.*; Bazin, D.*; Berryman, J. S.*; Bildstein, V.*; Gade, A.*; Imai, Nobuaki*; Kr$"o$ll, T.*; Langer, C.*; Lloyd, J.*; Lunderberg, E.*; Perdikakis, G.*; Recchia, F.*; Redpath, T.*; Saenz, S.*; Smalley, D.*; Stroberg, S. R.*; Tostevin, J. A.*; Tsunoda, Naofumi*; Utsuno, Yutaka; Weisshaar, D.*; Westerberg, A.*

$$^{30}$$Mgは中性子数20の魔法数が消滅する原子核としてよく知られている$$^{32}$$Mgの2中性子少ない系であり、魔法数消滅のメカニズムを解明する重要な情報を与える原子核である。この研究では、ミシガン州立大学のサイクロトロンを用いて$$^{31}$$Mgからの中性子ノックアウト反応によって$$^{30}$$Mgを生成し、そのガンマ線分光から構造を探求した。変形の小さなバンドと変形の大きなバンドの他に負パリティ状態と見られるエネルギー準位が得られ、それらの分光学的因子が導かれた。その結果を大規模殻模型計算と比較したところ、エネルギー準位はよく再現するものの、分光学的因子の一部に不一致があり、より正確な記述という観点からは理論に課題があることがわかった。

no abstracts in English

Access

:

- Accesses

InCites™

:

パーセンタイル:100

分野:Physics, Nuclear

Altmetrics

:

[CLARIVATE ANALYTICS], [WEB OF SCIENCE], [HIGHLY CITED PAPER & CUP LOGO] and [HOT PAPER & FIRE LOGO] are trademarks of Clarivate Analytics, and/or its affiliated company or companies, and used herein by permission and/or license.