検索対象:     
報告書番号:
※ 半角英数字
 年 ~ 
 年

Good practices of the online training on physical protection of nuclear materials and facility

核物質防護オンライントレーニングの良好事例

野呂 尚子; Scharmer, C.*; 川久保 陽子; 関根 恵; 奥田 将洋 ; 井上 尚子 

Noro, Naoko; Scharmer, C.*; Kawakubo, Yoko; Sekine, Megumi; Okuda, Masahiro; Inoue, Naoko

ISCN/JAEAのアジア向け核物質防護トレーニング(PP RTC)は2011年にスタートし、以降毎年開催されており、ISCNの主要なトレーニングとなっている。新型コロナウイルス感染症の世界的な蔓延を受け、各国の海外渡航制限によりISCNの人材育成支援事業も大きな影響を受けたが、それを新たな支援の良い機会ととらえ、オンライントレーニングの開発をスタートさせた。米エネルギー省及びサンディア国立研究所(SNL)の協力を得てオンラインコースの開発を行い、2020年10月19-30日にはオンラインのPP RTCを開催した。オンラインでも対面型のような学習効果を維持または強化するため、ISCNは自習型のe-ラーニングとライブで行うオンライン講義・演習を組み合わせたコースとした。本発表はISCNとSNLによるオンラインコース開発及びコース実施の経験を紹介し、良好事例と教訓を共有するものである。また本発表はコロナ後の人材育成支援における新たなアプローチを示すものである。

In the amid of COVID-19 pandemic, Integrated Support Center for Nuclear Nonproliferation and Nuclear Security (ISCN) of Japan Atomic Energy Agency (JAEA) developed and conducted regional training course on physical protection of nuclear materials and facility (PP RTC) for Asian countries in October 19-30, 2020 as an online course. Maintaining the quality of in-person two-week training through online platforms was a big challenge. For effective learning, ISCN combined e-learning (self-study) and interactive learning (virtual classroom) for its online PP RTC, and engaged participants through group exercise via Zoom meeting. The paper will describe efforts of ISCN and SNL to develop the online curriculum of PP RTC and share lessons learned and good practices for course development and course implementation. The paper will also explore future application of online contents in nuclear security capacity building even after the pandemic.

Access

:

- Accesses

InCites™

:

Altmetrics

:

[CLARIVATE ANALYTICS], [WEB OF SCIENCE], [HIGHLY CITED PAPER & CUP LOGO] and [HOT PAPER & FIRE LOGO] are trademarks of Clarivate Analytics, and/or its affiliated company or companies, and used herein by permission and/or license.