検索対象:     
報告書番号:
※ 半角英数字
 年 ~ 
 年

Development of modeling methodology for hydrogeological heterogeneity of the deep fractured granite in Japan

日本の地下深部の結晶質岩を対象とした水理学的不均質性のモデル化手法の構築

尾上 博則 ; 石橋 正祐紀*; 尾崎 裕介 ; 岩月 輝希 

Onoe, Hironori; Ishibashi, Masayuki*; Ozaki, Yusuke; Iwatsuki, Teruki

本研究ではMIUの深度500mの坑道を事例として亀裂性岩盤のモデリングの方法論について検討した。その結果、割れ目のトレース長分布の再現性に基づいて、割れ目の地質学的パラメータだけでなく水理学的パラメータも推定することができる割れ目のモデル化手法を開発した。本モデル化手法を適用することで、岩盤が有する割れ目の統計的な特性を精度よく再現できるDiscrete Fracture Network (DFN)モデルを構築することが可能となった。また、割れ目の分布位置や透水性を調査データに基づき修正するコンディショニング手法を適用することで、特定の場所のローカルな割れ目特性の評価が可能であることを実証した。さらに、亀裂性岩盤の水理学的な不均質性をモデル化するために必要な原位置調査と調査データとの関係を明らかにするとともに、日本の地層処分事業に資する有益な知見として、DFNモデルを用いた地下施設建設段階の現場調査とモデリング,処分パネル設計の考え方を提案した。

In this study, we investigated the methodology of modeling for fractured granite around the drift at a depth of 500 m in the Mizunami Underground Laboratory, Japan as a case study. As a result, we developed the fracture modeling method to estimate not only geological parameters of fractures but also hydraulic parameters based on the reproducibility of trace length distribution of fractures. By applying this modeling method, it was possible to construct a Discrete Fracture Network (DFN) model that can accurately reproduce the statistical characteristics of fractures.

Access

:

- Accesses

InCites™

:

パーセンタイル:0.04

分野:Engineering, Geological

Altmetrics

:

[CLARIVATE ANALYTICS], [WEB OF SCIENCE], [HIGHLY CITED PAPER & CUP LOGO] and [HOT PAPER & FIRE LOGO] are trademarks of Clarivate Analytics, and/or its affiliated company or companies, and used herein by permission and/or license.