検索対象:     
報告書番号:
※ 半角英数字
 年 ~ 
 年

0.4-3GeV陽子入射のNbの弾き出し断面積測定

Measurements of displacement cross-section of Nb irradiated by 0.4 - 3-GeV protons

中野 敬太  ; 明午 伸一郎  ; 岩元 洋介  ; 松田 洋樹* ; 吉田 誠*

Nakano, Keita; Meigo, Shinichiro; Iwamoto, Yosuke; Matsuda, Hiroki*; Yoshida, Makoto*

加速器駆動システム(ADS)等の大強度陽子加速器施設では、ビーム窓や加速器に用いられる材料の損傷評価が重要となる。原子あたりの弾き出し数(dpa)が損傷指標として用いられ、NRTモデルに基づく弾き出し断面積と粒子束の積分により導出される。陽子に対し20MeV以上のエネルギー領域では、弾き出し断面積の実験データがないため、計算モデルは十分に検討されていない。大強度陽子加速器施設の機器の寿命評価はdpaを基準とするため、信頼性の高いdpaおよび弾き出し断面積の評価が重要となる。NbはADSの超伝導加速器のコイルの材料として用いられ、この損傷評価はADSにおいて重要となる。本研究では、J-PARCの加速器施設において0.4-3GeV陽子入射におけるNbの弾き出し断面積を測定した。

no abstracts in English

Access

:

- Accesses

InCites™

:

Altmetrics

:

[CLARIVATE ANALYTICS], [WEB OF SCIENCE], [HIGHLY CITED PAPER & CUP LOGO] and [HOT PAPER & FIRE LOGO] are trademarks of Clarivate Analytics, and/or its affiliated company or companies, and used herein by permission and/or license.