検索対象:     
報告書番号:
※ 半角英数字
 年 ~ 
 年

原子炉における機構論的限界熱流束評価技術の確立に向けて,2; 機構論的限界熱流束予測評価手法確立に向けた研究とその課題

Toward mechanistic evaluation of critical heat flux in nuclear reactors, 2; Recent studies and future challenges toward mechanistic and reliable CHF evaluation

大川 富雄*; 森 昌司*; Liu, W.*; 小瀬 裕男*; 吉田 啓之 ; 小野 綾子 

Okawa, Tomio*; Mori, Shoji*; Liu, W.*; Ose, Yasuo*; Yoshida, Hiroyuki; Ono, Ayako

原子炉設計における効率的な燃料設計および最適な安全評価のために、機構論に基づいた限界熱流束評価技術が望まれている。この長年の技術課題は、近年の詳細解析技術及び計測技術の体系的統合を段階的に進めることで、打開できる可能性がある。このため本研究専門委員会では、将来的な限界熱流束評価技術の構築に向けて、過去の膨大な研究を精査することで必要な知見を整理する。これらの議論を通して、原子炉における機構論的限界熱流束評価技術に必要な研究課題を提示する。Part2では、これまでの限界熱流束機構に関する基礎研究や限界熱流束の予測手法確立に必須な数値解析手法の発展にふれ、課題提起を行う。

The evaluation method of the critical heat flux based on the mechanism is needed for the efficient design and development of fuel in reactors and the appropriate safety evaluation. In this paper, the current researches relating to the mechanism of the critical heat flux are reviewed, and the issue to be considered in the future are discussed.

Access

:

- Accesses

InCites™

:

Altmetrics

:

[CLARIVATE ANALYTICS], [WEB OF SCIENCE], [HIGHLY CITED PAPER & CUP LOGO] and [HOT PAPER & FIRE LOGO] are trademarks of Clarivate Analytics, and/or its affiliated company or companies, and used herein by permission and/or license.