検索対象:     
報告書番号:
※ 半角英数字
 年 ~ 
 年

Measurement of the transverse asymmetry of $$gamma$$ rays in the $$^{117}$$Sn($$n,gamma$$)$$^{118}$$Sn reaction

偏極中性子を用いた$$^{117}$$Sn($$n,gamma$$)$$^{118}$$Sn反応のガンマ線の非対称度の測定

遠藤 駿典   ; 奥平 琢也*; 安部 亮太*; 藤岡 宏之*; 広田 克也*; 木村 敦   ; 北口 雅暁*; 奥 隆之   ; 酒井 健二 ; 嶋 達志*; 清水 裕彦*; 高田 秀佐*; 高橋 慎吾*; 山本 知樹*; 吉川 大幹*; 吉岡 瑞樹*

Endo, Shunsuke; Okudaira, Takuya*; Abe, Ryota*; Fujioka, Hiroyuki*; Hirota, Katsuya*; Kimura, Atsushi; Kitaguchi, Masaaki*; Oku, Takayuki; Sakai, Kenji; Shima, Tatsushi*; Shimizu, Hirohiko*; Takada, Shusuke*; Takahashi, Shingo*; Yamamoto, Tomoki*; Yoshikawa, Hiromoto*; Yoshioka, Tamaki*

熱外中性子入射により形成される複合核において観測された、空間反転対称性の破れの大きな増幅は、今のところ複合核状態の入射チャネルにおけるパリティの異なる部分波の混合の結果として説明されている。さらに時間反転対称性の破れも同様のメカニズムで増幅されることが示唆されている。この入射チャネルにおける混合は、複合核共鳴から放出される個々のガンマ線のエネルギー依存なスピン-角相関を引き起こす。本研究ではJ-PARC・MLF・ANNRIにて偏極熱外中性子ビームを用い、$$^{117}$$Sn($$n,gamma$$)$$^{118}$$Sn反応におけるガンマ線強度分布が、中性子の偏極方向に依存することを確認した。

no abstracts in English

Access

:

- Accesses

InCites™

:

Altmetrics

:

[CLARIVATE ANALYTICS], [WEB OF SCIENCE], [HIGHLY CITED PAPER & CUP LOGO] and [HOT PAPER & FIRE LOGO] are trademarks of Clarivate Analytics, and/or its affiliated company or companies, and used herein by permission and/or license.