検索対象:     
報告書番号:
※ 半角英数字
 年 ~ 
 年

Evaluation on chemical state of irradiated rock-like oxide fuels by nuclear and chemical modeling

化学平衡計算による岩石型燃料中の化学形態解析

二谷 訓子; 蔵本 賢一; 山下 利之; 大道 敏彦*

Nitani, Noriko; Kuramoto, Kenichi; Yamashita, Toshiyuki; Omichi, Toshihiko*

岩石型プルトニウム燃料についてSOLGASMIX-PVコードを用いて多元素系熱力学平衡計算を行いアクチノイド並びにFPの化学形態を求め、酵素ポテンシャル変化の評価を行った。燃料の軽水炉での燃焼によるアクチノイド及びFPの元素量変化は、ORIGEN2コードにより求めた。初期燃料のプルトニウムがすべて4価であった場合、燃焼が進むに伴い酸素ポテンシャルの増加が見られ、被覆管の酸化等、好ましくない挙動を取る可能性が示唆されたが、添加するプルトニウムの一部を3価に還元することにより酸素ポテンシャルの増加を防ぐことが可能であることがわかった。燃焼により生成した酸素はプルトニウムを酸化した後、モリブデンを酸化すること、それに伴いヨウ素が凝縮相から気相へと移行することが明らかになった。

no abstracts in English

Access

:

- Accesses

InCites™

:

パーセンタイル:86.26

Altmetrics

:

[CLARIVATE ANALYTICS], [WEB OF SCIENCE], [HIGHLY CITED PAPER & CUP LOGO] and [HOT PAPER & FIRE LOGO] are trademarks of Clarivate Analytics, and/or its affiliated company or companies, and used herein by permission and/or license.