検索対象:     
報告書番号:
※ 半角英数字
 年 ~ 
 年

Recovery of cadmium from waste of a scallop processing with amidoxime adsorbent synthesized by graft-polymerization

アミドキシム吸着材によるホタテ廃棄物からのカドミウムの捕集

白石 朋文*; 玉田 正男; 斎藤 恭一*; 須郷 高信

Shiraishi, Tomoyuki*; Tamada, Masao; Saito, Kyoichi*; Sugo, Takanobu

放射線グラフト重合により合成した繊維状アミドキシム捕集材を用いて、ホタテ廃棄物からのカドミウム除去について検討した。捕集材は40$$mu$$m繊維経の不織布に200kGyの電子線を照射ののち、アクリロニトリルとメタクリル酸(80:20mol%)の混合液を接触させ、さらに化学反応を経て合成した。ホタテのうろには、Zn,Cdなどの重金属が含まれ、その濃度はそれぞれ13.7,4.62ppmである。ホタテのうろの前処理として粉砕を行い、実験にはその上澄みを使用した。バッチ吸着実験において、カドミウムの吸着にはpH6が最適であり、濃縮係数は1000に達した。アミドキシム捕集材ではCdのほかにZnの吸着除去にも有効であった。カラム実験では15$$mu$$mのカドミウム廃液から96.1%を除去可能なことを確認した。

no abstracts in English

Access

:

- Accesses

InCites™

:

パーセンタイル:5.53

Altmetrics

:

[CLARIVATE ANALYTICS], [WEB OF SCIENCE], [HIGHLY CITED PAPER & CUP LOGO] and [HOT PAPER & FIRE LOGO] are trademarks of Clarivate Analytics, and/or its affiliated company or companies, and used herein by permission and/or license.