検索対象:     
報告書番号:
※ 半角英数字
 年 ~ 
 年
検索結果: 1047 件中 1件目~20件目を表示

発表形式

Initialising ...

選択項目を絞り込む

掲載資料名

Initialising ...

発表会議名

Initialising ...

筆頭著者名

Initialising ...

キーワード

Initialising ...

使用言語

Initialising ...

発行年

Initialising ...

開催年

Initialising ...

選択した検索結果をダウンロード

論文

Extraction mechanism of lanthanide ions into silica-based microparticles studied by single microparticle manipulation and microspectroscopy

大高 稔紀*; 佐藤 辰巳*; 大野 真平; 名越 航平; 安倍 諒治*; 新井 剛*; 渡部 創; 佐野 雄一; 竹内 正行; 中谷 清治*

Analytical Sciences, 35(10), p.1129 - 1133, 2019/10

Single porous silica microparticles coated with styrene-divinylbenzene polymer (SDB) impregnated with octyl(phenyl)-N,N-diisobutylcarbamoylmethylphosphine oxide (CMPO) were injected into an aqueous 3 mol/L nitric acid solution containing trivalent lanthanide (Ln(III)), as a high-level liquid waste model, using the microcapillary manipulation-injection technique; and the extraction rate of Ln(III), as an Ln(III)-CMPO complex, into the single microparticles was measured by luminescence microspectroscopy. The extraction rate significantly depended on the Ln(III), CMPO, or NO$$_{3}$$$$^{-}$$ concentration, and was analyzed in terms of diffusion in the pores of the microparticles and complex formation of Ln(III). The results indicated that the rate-determining step in Ln(III) extraction was the diffusion in the pore solution of the microparticles.

論文

計算科学シミュレーションコードSPLICEによる異種材料レーザー溶接プロセスの数値解析

村松 壽晴; 佐藤 雄二; 亀井 直光; 青柳 裕治*; 菖蒲 敬久

日本機械学会第13回生産加工・工作機械部門講演会講演論文集(No.19-307) (インターネット), p.157 - 160, 2019/10

本研究は、レーザーによる異種材料溶接を対象とし、溶接時の温度管理等を適切に行うことにより、発生する残留応力を低減させることを目的とする。報告では、残留応力発生に大きな影響を持つ溶融池・凝固過程での過渡温度挙動を、計算科学シミュレーションコードSPLICEにより評価し、溶接加工時の伝熱流動特性に基づき、溶接施工時に溶融池領域の表面温度分布をサーモグラフィーなどにより把握することにより、これを指標として冷却速度をレーザー加熱などによって制御し、温度勾配解消が期待できる溶融池内対流輸送を維持し、発生する残留応力を低減できる可能性を示した。

論文

Modeling of yield estimation for DNA strand breaks based on Monte Carlo simulations of electron track structure in liquid water

松谷 悠佑; 甲斐 健師; 吉井 勇治*; 谷内 淑恵*; 内城 信吾*; 伊達 広行*; 佐藤 達彦

Journal of Applied Physics, 126(12), p.124701_1 - 124701_8, 2019/09

放射線被ばく後の生物学的効果は、DNA主鎖への初期損傷から生じる。DNA損傷はトラック構造解析とフリーラジカル拡散のシミュレーションにより推定可能であるが、両者を考慮した計算は時間を要する。本研究では、PHITSコードで得られる非弾性散乱(電離・電子的励起)の空間分布のパターンのみに着目して、主鎖切断を推定するシンプルなモデルを考案した。このモデルでは、トラック毎のイベント数と10塩基対のサイズに相当する3.4nm以内に存在するイベントの組合せを確率的にサンプリングし、一本鎖切断(SSB)と二本鎖切断(DSB)を計算した。単一エネルギー電子線照射に対するDSB生成率ならびにDSB/SSBの生成率比の計算結果については、他の計算結果や実測値とよく一致した。また、様々な光子照射に対して、DSBをエンドポイントとした生物学的効果比の再現にも成功した。本研究により、電離ならびに電子的励起で構成される非弾性散乱の空間分布のパターンにより、電子線が誘発するDNA主鎖切断の生成率を十分に推定できることが示された。

論文

Ion beam induced luminescence of complexes formed in adsorbent for MA recovery process

渡部 創; 片井 雄也*; 松浦 治明*; 加田 渉*; 江夏 昌志*; 佐藤 隆博*; 新井 剛*

Nuclear Instruments and Methods in Physics Research B, 450, p.61 - 65, 2019/07

Ion-beam induced luminescence (IBIL) analysis on MA recovery adsorbent was performed to give chemical states of complexes formed in the adsorbent as fundamental information for process design, and EXAFS analysis was also carried out to support discussions. The IBIL spectra of the binary extractants system seemed to be superposition of individual ones, however it has also original peaks. As intensities of those peaks rapidly decreased with iteration time of measurements and the original peaks were not observed for the adsorbent without charging Eu(III), they were attributed to complexes of Eu(III) with organic compounds. Contributions of CMPO and HDEHP extractants for Eu(III) extraction must be not only individual ones but also cooperative.

論文

Intensity modulated radiation fields induce protective effects and reduce importance of dose-rate effects

松谷 悠佑; McMahon, S. J.*; Ghita, M.*; 吉井 勇治*; 佐藤 達彦; 伊達 広行*; Prise, K. M.*

Scientific Reports (Internet), 9(1), p.9483_1 - 9483_12, 2019/07

放射線治療において、強度変調放射線場と複雑な線量伝達を使用して腫瘍へ高線量を処方する。しかしながら、それらを組み合わせた照射中の細胞応答は未だ明らかになっていない。そこで、強度変調放射線場が放射線感受性と照射中の回復に与える影響を解析した。先ず、培養細胞を含む培養フラスコの50%(半照射野)もしくは100%(全照射野)の面積に照射を行った。また、線量率と細胞間シグナルの両効果を考慮した細胞死を表現しうるモデルを構築した。その結果、(i)同吸収線量被ばく時の全照射野被ばくと比較し、半照射野被ばく時の照射野内細胞は高い生存率を示し、(ii)半照射野下におけるヒト正常皮膚線維芽細胞の亜致死損傷 回復の重要度が低減することが分かった。さらに、(iii)半照射野時の生存率の増加はレスキュー効果(修復の増加)ではなく防御効果(初期DNA損傷生成率の低減)に起因する知見を得た。これらの知見は、不均一被ばく後の照射細胞と非照射細胞に対する放射線感受性の新たな理解に貢献するものである。

報告書

固液二相流中の金属材料の損傷および腐食に関する調査報告書

大谷 恭平; 佐藤 智徳; 加治 芳行; 山本 正弘

JAEA-Review 2019-007, 15 Pages, 2019/06

JAEA-Review-2019-007.pdf:2.35MB

液体固体粒子を含んだ流体による流れ(固液二相流)を取り扱う配管などの構成材料は、固液二相流中の固体粒子の衝突によってエロージョンと呼ばれる損傷が生じる。固液二相流の液体が腐食性溶液である場合、溶液は更に化学的に作用してエロージョン・コロージョンと呼ばれる損傷が生じる。福島第一原子力発電所(1F)の廃炉作業で実施が予定されているデブリ取り出し作業の際には、破砕されたデブリ微粒子による循環冷却ラインの配管の損傷が懸念される。そのため、固液二相流における金属材料のエロージョンおよびエロージョン・コロージョンに関する文献調査を実施した。文献調査結果より、1Fのデブリ取り出し時に設置される冷却系配管の材料についてはクロムを含む鋼材や耐食性の高いステンレス鋼の使用が望ましいと考えられる。また、エロージョン・コロージョンの解析では、誤った条件や曖昧な条件で試験を実施すると金属材料の損傷速度の変化に影響する因子が適格に判別できず、事実と異なる認識をしてしまう危険性があることも分かった。このため、1Fのデブリ取り出し時において発生すると予測される粉砕微粒子が配管等の機器材料に与える影響を正確に評価するためには、金属材料の損傷速度に大きく影響を与える環境条件や1F特有の放射線によるラジオリシス等の因子を考慮した上で試験を行う必要がある。

報告書

平成29年度緊急時対応技術適用のためのバックグラウンド航空機モニタリング(受託研究)

普天間 章; 眞田 幸尚; 岩井 毅行*; 瀬口 栄作; 松永 祐樹*; 河端 智樹; 豊田 政幸*; 飛田 晋一朗*; 平賀 祥吾*; 佐藤 一彦*; et al.

JAEA-Technology 2018-016, 98 Pages, 2019/02

JAEA-Technology-2018-016.pdf:18.64MB

2011年3月11日に発生した東日本大震災による津波に起因した東京電力福島第一原子力発電所事故によって、大量の放射性物質が周辺に飛散した。事故直後より、放射線の分布を迅速かつ広範囲に測定する手法として、航空機等を用いた空からの測定方法が適用されている。福島で培った航空機モニタリングの技術を原子力発電所事故時の対応技術として適用するために、全国の発電所周辺のバックグラウンドモニタリングを実施した。2017年度は泊発電所, 柏崎刈羽原子力発電所および玄海原子力発電所周辺について実施した。ここでは、その結果および実施によって抽出された技術的課題についてまとめる。

報告書

平成29年度原子力発電所周辺における航空機モニタリング(受託研究)

普天間 章; 眞田 幸尚; 石崎 梓; 岩井 毅行*; 瀬口 栄作; 松永 祐樹*; 河端 智樹; 豊田 政幸*; 飛田 晋一朗*; 平賀 祥吾*; et al.

JAEA-Technology 2018-015, 120 Pages, 2019/02

JAEA-Technology-2018-015.pdf:15.01MB

2011年3月11日に発生した東日本大震災による津波に起因した東京電力福島第一原子力発電所事故によって、大量の放射性物質が周辺に飛散した。事故直後より、放射線の分布を迅速かつ広範囲に測定する手法として、航空機等を用いた空からの測定方法が適用されている。ここでは、平成29年度に実施した福島第一原子力発電所周辺におけるモニタリング結果についてまとめた。過去の福島第一原子力発電所周辺におけるモニタリング結果から線量率の変化量を評価し、変化量に寄与する要因について考察した。また、これまで課題となっていた空気中のラドン子孫核種の弁別手法の開発およびシステム化を行い、実際の測定結果に本手法を適用して、空気中のラドン子孫核種の測定に与える影響について評価した。さらに、複数のGPS受信機用いて同時にデータ取得することによって、位置測定誤差による解析結果への影響評価を行った。

報告書

ドラム缶からの漏えい跡原因調査及び対策に係る報告書

下村 祐介; 佐藤 拓也; 福井 康太; 工藤 健治; 吉岡 龍司

JAEA-Review 2018-023, 220 Pages, 2019/01

JAEA-Review-2018-023.pdf:15.6MB

平成27年9月11日、日本原子力研究開発機構大洗研究開発センター廃棄物管理施設の固体集積保管場IIにおいて、アスファルト固化体封入ドラム缶(アスファルトドラム缶)4缶からアスファルトの漏えい跡が確認された。また、その後の点検において、平成27年11月10日にアスファルトドラム缶1缶からアスファルトの漏えい跡が発見された。さらに、平成27年12月2日には、アスファルトドラム缶1缶に、アスファルトの漏えい跡は無いが上蓋の腐食が激しいものが確認された。アスファルトドラム缶からのアスファルトの漏えい跡について、原因の調査と対策を検討するため、「ドラム缶からの漏えい跡原因調査及び対策に係る検討作業部会」を設置し、対応が進められた。具体的な検討事項は、(1)アスファルトドラム缶からのアスファルトの漏えい原因の特定、(2)アスファルトドラム缶の腐食(錆)発生原因の特定、(3)アスファルトドラム缶のアスファルト漏えい及び腐食(錆)の再発防止対策である。本報告書は、当該作業部会でまとめられた報告書「ドラム缶からの漏えい跡原因調査及び対策に係る報告書」を基に、その後の書類調査によって明らかになった内容を含めて再構成したものである。

論文

Low-momentum direct-photon measurement in Cu + Cu collisions at $$sqrt{s_{_{NN}}}=200$$ GeV

Adare, A.*; 長谷川 勝一; 今井 憲一; 永宮 正治; 佐甲 博之; 佐藤 進; 谷田 聖; PHENIX Collaboration*; 他448名*

Physical Review C, 98(5), p.054902_1 - 054902_11, 2018/11

 パーセンタイル:100(Physics, Nuclear)

We have measured direct photons for $$p_T< 5~$$GeV/$$c$$ in minimum bias and 0% - 40% most central events at midrapidity for Cu$$+$$Cu collisions at $$sqrt{s_{_{NN}}}=200$$ GeV. The $$e^{+}e^{-}$$ contribution from quasi-real direct virtual photons has been determined as an excess over the known hadronic contributions in the $$e^{+}e^{-}$$ mass distribution. A clear enhancement of photons over the binary scaled $$p$$$$+$$$$p$$ fit is observed for $$p_T < 4$$ GeV/$$c$$ in Cu$$+$$Cu data. The $$p_T$$ spectra are consistent with the Au$$+$$Au data covering a similar number of participants. The inverse slopes of the exponential fits to the excess after subtraction of the $$p$$$$+$$$$p$$ baseline are 285$$pm$$53(stat)$$pm$$57(syst)~MeV/$$c$$ and 333$$pm$$72(stat)$$pm$$45(syst)~MeV/$$c$$ for minimum bias and 0% - 40% most central events, respectively. The rapidity density, $$dN/dy$$, of photons demonstrates the same power law as a function of $$dN_{rm ch}/deta$$ observed in Au$$+$$Au at the same collision energy.

論文

Production of $$pi^0$$ and $$eta$$ mesons in Cu+Au collisions at $$sqrt{s_{_{NN}}}$$=200 GeV

Aidala, C.*; 長谷川 勝一; 今井 憲一; 永宮 正治*; 佐甲 博之; 佐藤 進; 谷田 聖; PHENIX Collaboration*; 他397名*

Physical Review C, 98(5), p.054903_1 - 054903_11, 2018/11

 被引用回数:1 パーセンタイル:49.68(Physics, Nuclear)

Production of $$pi^0$$ and $$eta$$ mesons has been measured at midrapidity in Cu$$+$$Au collisions at $$sqrt{s_{_{NN}}}$$=200 GeV. Measurements were performed in $$pi^0(eta)rightarrowgammagamma$$ decay channel in the 1(2)-20 GeV/$$c$$ transverse momentum range. A strong suppression is observed for $$pi^0$$ and $$eta$$ meson production at high transverse momentum in central Cu$$+$$Au collisions relative to the $$p$$$$+$$$$p$$ results scaled by the number of nucleon-nucleon collisions. In central collisions the suppression is similar to Au$$+$$Au with comparable nuclear overlap. The $$eta/pi^0$$ ratio measured as a function of transverse momentum is consistent with $$m_T$$-scaling parameterization down to $$p_T=$$2 GeV/$$c$$, its asymptotic value is constant and consistent with Au$$+$$Au and $$p$$$$+$$$$p$$ and does not show any significant dependence on collision centrality. Similar results were obtained in hadron-hadron, hadron-nucleus, and nucleus-nucleus collisions as well as in $$e^+e^-$$ collisions in a range of collision energies $$sqrt{s_{_{NN}}}=$$ 3-1800 GeV. This suggests that the quark-gluon-plasma medium produced in Cu$$+$$Cu collisions either does not affect the jet fragmentation into light mesons or it affects the $$pi^0$$ and $$eta$$ the same way.

論文

Measurement of $$phi$$-meson production at forward rapidity in $$p+p$$ collisions at $$sqrt{s}=510$$ GeV and its energy dependence from $$sqrt{s}=200$$ GeV to 7 TeV

Adare, A.*; 長谷川 勝一; 今井 憲一; 永宮 正治*; 佐甲 博之; 佐藤 進; 谷田 聖; PHENIX Collaboration*; 他351名*

Physical Review D, 98(9), p.092006_1 - 092006_13, 2018/11

 パーセンタイル:100(Astronomy & Astrophysics)

The PHENIX experiment at the Relativistic Heavy Ion Collider has measured the differential cross section of $$phi$$(1020) meson production at forward rapidity in $$p$$$$+$$$$p$$ collisions at $$sqrt{s}=$$510 GeV via the dimuon decay channel. The integrated cross section in the rapidity and $$p_T$$ ranges $$1.2 < |y| < 2.2$$ and $$2 < p_T < 7$$ GeV/$$c$$ is $$sigma_phi=2.79 pm 0.20,{rm (stat)} pm 0.17,{rm (syst)} pm 0.34, {rm (norm)} times 10^{-2}$$~mb. The energy dependence of $$sigma_phi$$ ($$1.2 < |y|<2.2$$; $$2<p_T<5$$ GeV/$$c$$) is studied using the PHENIX measurements at $$sqrt{s}=$$200 and 510 GeV and the Large-Hadron-Collider measurements at $$sqrt{s}=$$2.76 and 7 TeV. The experimental results are compared to various event generator predictions (pythia6, pythia8, phojet, ampt, epos3, and epos-lhc).

論文

Model intercomparison of atmospheric $$^{137}$$Cs from the Fukushima Daiichi Nuclear Power Plant accident; Simulations based on identical input data

佐藤 陽祐*; 滝川 雅之*; 関山 剛*; 梶野 瑞王*; 寺田 宏明; 永井 晴康; 近藤 裕昭*; 打田 純也*; 五藤 大輔*; Qu$'e$lo, D.*; et al.

Journal of Geophysical Research; Atmospheres, 123(20), p.11748 - 11765, 2018/10

福島第一原子力発電所事故により放出された$$^{137}$$Csの大気中の挙動を理解するため、大気拡散モデル相互比較が実施され、12モデルが参加した。モデルで考慮される過程に起因するモデル間の差異に焦点を当てた解析を行うため、全モデルで同じ気象場、水平分解能、及び放出源情報が使用された。モデルアンサンブルによる観測された大気中$$^{137}$$Cs濃度上昇イベントの捕捉率は40%であり、FMSは80を超えた。解析の結果、大気中$$^{137}$$Cs濃度上昇イベントの再現には気象場が最も重要な要素であり、気象場の再現性が高い場合のモデル間の差異は、沈着及び拡散過程に起因していることが分かった。また、沈着フラックスが小さいモデル及び拡散が強いモデルは高い性能を示したが、拡散が強いモデルは大気中$$^{137}$$Cs濃度を過大評価する傾向を示した。

論文

Application of the transient pulse method to measure clay permeability

加藤 昌治*; 奈良 禎太*; 岡崎 勇樹*; 河野 勝宣*; 佐藤 稔紀; 佐藤 努*; 高橋 学*

Materials Transactions, 59(9), p.1427 - 1432, 2018/09

 パーセンタイル:100(Materials Science, Multidisciplinary)

放射性廃棄物の地層処分においては、岩盤を天然バリアとして使用する。このことから、低透水性の岩盤やき裂を充填している粘土の存在は、より好ましい環境を提供すると考えられる。室内での透水係数の測定方法のうち、トランジェントパルス法は低透水性の材料の透水係数測定に有効であるが、粘土に適用された事例は無く、かつ、そのままの方法・手順では適用が困難である。このため、供試体の下流側の圧力を下げる場合で透水係数を求める方法を提案し、変水位法で得られた値と比較して問題ないことを確認した。

論文

Cross section and longitudinal single-spin asymmetry $$A_L$$ for forward $$W^{pm}rightarrowmu^{pm}nu$$ production in polarized $$p$$$$+$$$$p$$ collisions at $$sqrt{s}=510$$ GeV

Adare, A.*; 長谷川 勝一; 今井 憲一; 永宮 正治; 佐甲 博之; 佐藤 進; 谷田 聖; PHENIX Collaboration*; 他423名*

Physical Review D, 98(3), p.032007_1 - 032007_14, 2018/08

We have measured the cross section and single spin asymmetries from forward $$W^{pm}rightarrowmu^{pm}nu$$ production in longitudinally polarized $$p$$$$+$$$$p$$ collisions at $$sqrt{s}=510$$ GeV using the PHENIX detector at the Relativistic Heavy Ion Collider. The cross sections are consistent with previous measurements at this collision energy, while the most forward and backward longitudinal single spin asymmetries provide new insights into the sea quark helicities in the proton. The charge of the $$W$$ bosons provides a natural flavor separation of the participating partons.

論文

Measurement of emission angle anisotropy via long-range angular correlations with high-$$p_T$$ hadrons in $$d$$$$+$$Au and $$p$$$$+$$$$p$$ collisions at $$sqrt{s_{_{NN}}}=200$$ GeV

Adare, A.*; 長谷川 勝一; 今井 憲一; 永宮 正治; 佐甲 博之; 佐藤 進; 谷田 聖; PHENIX Collaboration*; 他468名*

Physical Review C, 98(1), p.014912_1 - 014912_16, 2018/07

 パーセンタイル:100(Physics, Nuclear)

We present measurements of two-particle angular correlations between high-transverse-momentum ($$2<p_T<11$$ GeV/$$c$$) $$pi^0$$ observed at midrapidity ($$|eta|<0.35$$) and particles produced either at forward ($$3.1<eta<3.9$$) or backward ($$-3.7<eta<-3.1$$) rapidity in $$d$$$$+$$Au and $$p$$$$+$$$$p$$ collisions at $$sqrt{s_{_{NN}}}=200$$ GeV. The azimuthal angle correlations for particle pairs with this large rapidity gap in the Au-going direction exhibit a ridge-like structure that persists up to $$p_T{approx}6$$ GeV/$$c$$ and which strongly depends on collision centrality, which is a similar characteristic to the hydrodynamical particle flow in A+A collisions. The ridge-like structure is absent in the $$d$$-going direction as well as in $$p$$$$+$$$$p$$ collisions, in the transverse-momentum range studied. The results indicate that the ridge-like structure is shifted in the Au-going direction toward more central collisions, similar to the charged-particle pseudorapidity distributions.

論文

Nuclear moments of the low-lying isomeric $$1^+$$ state of $$^{34}$$Al; Investigation on the neutron $$1p1h$$ excitation across $$N=20$$ in the island of inversion

Xu, Z. Y.*; Heylen, H.*; 旭 耕一郎*; Boulay, F.*; Daugas, J. M.*; de Groote, R. P.*; Gins, W.*; Kamalou, O.*; Koszor$'u$s, $'A$.*; Lykiardopoupou, M.*; et al.

Physics Letters B, 782, p.619 - 626, 2018/07

 パーセンタイル:100(Astronomy & Astrophysics)

GANIL研究所において、$$^{36}$$Sからのフラグメンテーション反応によって中性子過剰核$$^{34}$$Alにおける核異性体である$$1^+$$状態を生成し、その磁気双極子モーメントと電気的四重極モーメント(Qモーメント)をそれぞれ$$beta$$-NMR法および$$beta$$-NQR法を用いて測定した。この状態は中性子数20の殻ギャップを越えて励起したものであり、その性質を実験的に押さえることは、この原子核の周辺で知られている逆転の島(基底状態で既に殻ギャップを越えた励起が起こるとされる原子核の一団)の発現のメカニズムを解明するための有益な情報を与える。測定されたg因子の絶対値は$$1.757pm 0.014$$、Qモーメントの絶対値は38(5)mbとなった。これらの値は、大規模殻模型計算による予言値に近く、模型の高い記述能力を確かめることができた。

論文

L$'{e}$vy-stable two-pion Bose-Einstein correlations in $$sqrt{s_{NN}}=200$$ GeV Au$$+$$Au collisions

Adare, A.*; 長谷川 勝一; 永宮 正治; 佐甲 博之; 佐藤 進; 谷田 聖; PHENIX Collaboration*; 他448名*

Physical Review C, 97(6), p.064911_1 - 064911_22, 2018/06

 被引用回数:3 パーセンタイル:18(Physics, Nuclear)

We present a detailed measurement of charged two-pion correlation functions in 0%-30% centrality $$sqrt{s_{_{NN}}}=200$$ GeV Au$$+$$Au collisions by the PHENIX experiment at the Relativistic Heavy Ion Collider. The data are well described by Bose-Einstein correlation functions stemming from L$'e$vy-stable source distributions. Using a fine transverse momentum binning, we extract the correlation strength parameter $$lambda$$, the L$'e$vy index of stability $$alpha$$ and the L$'e$vy length scale parameter $$R$$ as a function of average transverse mass of the pair $$m_T$$. We find that the positively and the negatively charged pion pairs yield consistent results, and their correlation functions are represented, within uncertainties, by the same L$'e$vy-stable source functions. The $$lambda(m_T)$$ measurements indicate a decrease of the strength of the correlations at low $$m_T$$. The L$'e$vy length scale parameter $$R(m_T)$$ decreases with increasing $$m_T$$, following a hydrodynamically predicted type of scaling behavior. The values of the L$'e$vy index of stability $$alpha$$ are found to be significantly lower than the Gaussian case of $$alpha=2$$, but also significantly larger than the conjectured value that may characterize the critical point of a second-order quark-hadron phase transition.

論文

Permeability of granite including macro-fracture naturally filled with fine-grained minerals

奈良 禎太*; 加藤 昌治*; 二里 竜平*; 河野 勝宣*; 佐藤 稔紀; 福田 大祐*; 佐藤 努*; 高橋 学*

Pure and Applied Geophysics, 175(3), p.917 - 927, 2018/03

 被引用回数:2 パーセンタイル:29.42(Geochemistry & Geophysics)

多くの分野で岩石の透水性に関する情報は重要なものである。特に、き裂や間隙が岩石の物理的特性や移行特性に与える影響を把握することは重要である。地下水の浸透により細粒の鉱物がき裂に充填されるが、このような岩石の透水性については十分調査されていない。このため、本研究では、粘土と鉱脈が充填された岩石の透水試験を実施した。その結果、細粒鉱物が充填されたマイクロフラクチャーを含む供試体の透水係数は健岩部のそれと同等の透水係数であった。粘土を含む場合は透水性が高くなるものの、充填物が無いき裂がある供試体よりは透水性が小さかった。

論文

粘土の透水係数測定へのトランジェントパルス法の適用

加藤 昌治*; 奈良 禎太*; 岡崎 勇樹*; 河野 勝宣*; 佐藤 稔紀; 佐藤 努*; 高橋 学*

材料, 67(3), p.318 - 323, 2018/03

放射性廃棄物の地層処分においては、岩盤を天然バリアとして使用する。このことから、低透水性の岩盤やき裂を充填している粘土の存在は、より好ましい環境を提供すると考えられる。室内での透水係数の測定方法のうち、トランジェントパルス法は低透水性の材料の透水係数測定に有効であるが、粘土に適用された事例は無く、かつ、そのままの方法・手順では適用が困難である。このため、供試体の下流側の圧力を下げる場合で透水係数を求める方法を提案し、変水位法で得られた値と比較して問題ないことを確認した。

1047 件中 1件目~20件目を表示