検索対象:     
報告書番号:
※ 半角英数字
 年 ~ 
 年
検索結果: 8 件中 1件目~8件目を表示
  • 1

発表形式

Initialising ...

選択項目を絞り込む

掲載資料名

Initialising ...

発表会議名

Initialising ...

筆頭著者名

Initialising ...

キーワード

Initialising ...

使用言語

Initialising ...

発行年

Initialising ...

開催年

Initialising ...

選択した検索結果をダウンロード

論文

Evidence for three fluctuation channels in the spin resonance of the unconventional superconductor CeCoIn$$_5$$

Raymond, S.*; 金子 耕士; Hiess, A.*; Steffens, P.*; Lapertot, G.*

Physical Review Letters, 109(23), p.237210_1 - 237210_5, 2012/12

 被引用回数:17 パーセンタイル:70.21(Physics, Multidisciplinary)

Polarized inelastic neutron scattering under magnetic field is used to get a microscopic insight into the spin resonance of the heavy fermion superconductor CeCoIn$$_5$$. The resonance lineshape is found to depend on the neutron polarization: Some of the spectral weight is common to the two polarization channels while the remaining part is distributed equally between them. This is evidence for the spin resonance being a degenerate mode with three fluctuation channels: A Zeeman split contribution and an additional longitudinal mode.

論文

Magnetization dynamics in the normal and superconducting phases of UPd$$_2$$Al$$_3$$, 1; Surveys in reciprocal space using neutron inelastic scattering

Hiess, A.*; Bernhoeft, N.*; 目時 直人; Lander, G.*; Roessli, B.*; 佐藤 憲昭*; 阿曽 尚文*; 芳賀 芳範; 小池 良浩*; 小松原 武美*; et al.

Journal of Physics; Condensed Matter, 18(27), p.R437 - R451, 2006/07

本論文はUPd$$_2$$Al$$_3$$の単結晶試料を用いて行った中性子非弾性散乱実験から結果を示す。私たちは幅広いエネルギー範囲に及ぶ中性子非弾性散乱実験の結果からわかった動的磁性の波数-エネルギー依存性を分析し、2つのグループにより独立に発表されたデータと比較する。この研究は反強磁性と超伝導性の共存状態に対してユニークな洞察をもたらす。

論文

Frustrating interactions and broadened magnetic excitations in the edge-sharing CuO$$_{2}$$ chains in La$$_{5}$$Ca$$_{9}$$Cu$$_{24}$$O$$_{41}$$

松田 雅昌; 加倉井 和久; Lorenzo, J. E.*; Regnault, L. P.*; Hiess, A.*; 白根 元*

Physical Review B, 68(6), p.060406_1 - 060406_4, 2003/08

 被引用回数:21 パーセンタイル:69.61(Materials Science, Multidisciplinary)

量子磁性体La$$_{5}$$Ca$$_{9}$$Cu$$_{24}$$O$$_{41}$$の中性子非弾性散乱実験を行った。この物質はCuO$$_{2}$$スピン鎖を有し、低温で反強磁性秩序(鎖内は強磁性的)を示す。結晶構造と磁気構造からは、相互作用は単純であると予想されるが、磁気励起の実験結果、まず一軸性の磁気異方性が大きいことがわかった。また、CuO$$_{2}$$スピン鎖の鎖内,鎖間ともに相互作用は弱く(10K以下)、特に鎖内では相互作用が反強磁性的であり、さらに鎖内と鎖間の相互作用にはフラストレーションが働いていることがわかった。磁気励起の特徴として線幅が大きく広がっていることが挙げられるが、この原因としてフラストレーションと少量のホールによる無秩序化の効果が考えられる。このように、CuO$$_{2}$$スピン鎖は磁気異方性とフラストレーションに由来した興味深い磁気的性質を示すことがわかった。

口頭

Effect of magnetic field on magnetic excitation in heavy-fermion superconductors probed via neutron scattering

金子 耕士; Raymond, S.*; Hiess, A.*; F${aa}$k, B.*; Steffens, P.*; Lapertot, G.*; 摂待 力生*; 大貫 惇睦

no journal, , 

An interplay between magnetism and superconductivity is one of the main research subjects in the field of strongly correlated electron systems. Magnetic excitation of heavy-fermion superconductor CeCoIn$$_{5}$$ (CCI5), which has the highest $$T_{rm sc}$$ of 2.3 K among the Ce-based heavy-fermion superconductors, exhibits distinct change; a quasielastic magnetic response above $$T_{rm sc}$$ turns into spin resonance below $$T_{rm sc}$$. Contrasting behaviour was obtained in non-centrosymmetric heavy-fermion superconductor CePt$$_3$$Si (CP3S) with $$T_{rm N}$$ = 2.2 K and $$T_{rm sc}{sim}$$ 0.5 K. In CP3S, identical magnetic excitation spectra have been observed below and above $$T_{rm sc}$$. Instead, an external magnetic field induces a drastic enhancement of the antiferromagnetic moment. We will show our latest results on neutron scattering study under magnetic field to get insights into the nature of resonance in CCI5, and the origin of the antiferromagnetic moment enhancement in CP3S.

口頭

重い電子系超伝導体CeCoIn$$_5$$におけるカイラリティを持つスピンレゾナンス

Raymond, S.*; 金子 耕士; Hiess, A.*; Steffens, P.*; Lapertot, G.*

no journal, , 

"スピンレゾナンス"は、銅酸化物や、鉄系、そして重い電子系などの非従来型超伝導体に共通して観測される磁気励起で、超伝導ギャップ$$delta$$が符号を変える波数において、$${Omega}_{res}$$/2$${Delta}{sim}$$0.64となるエネルギーに観測される。その起源についての共通した理解はまだ得られていない一方、レゾナンスピークは、超伝導の対称性や性質についての知見をもたらすことから、重要な応答である。重い電子系超伝導体では、UPd$$_2$$Al$$_3$$, CeCu$$_2$$Si$$_2$$, CeCoIn$$_5$$において、スピンレゾナンスが観測されている。今回、Ce系重い電子系超伝導体で最も高い$$T_{sc}$$=2.3Kを示すCeCoIn$$_5$$を対象として、磁場下での偏極非弾性散乱実験を行い、その詳細を調べた。その結果、CeCoIn$$_5$$におけるスピンレゾナンスは縮退したモードであり、磁場によりゼーマン分裂を示すことを明らかにした。さらに片側偏極の解析結果から、分裂したピークは、各々のカイラリティを持つ2成分に加え、カイラリティを持たない1成分、合わせて3成分からなることを見いだした。これらの事実は、今後の理論研究を進めるうえで、重要な制約として機能することが期待される。

口頭

重い電子系超伝導体CeCoIn$$_5$$におけるカイラリティを持つスピンレゾナンス

Raymond, S.*; 金子 耕士; Hiess, A.*; Steffens, P.*; Lapertot, G.*

no journal, , 

銅酸化物や重い電子系など、非従来型超伝導体に共通して観測されるスピンレゾナンスは、その起源について統一した理解は得られていない一方、超伝導の対称性や性質についての知見をもたらすことから、重要な応答である。重い電子系超伝導体のうち、今回、Ce系重い電子系超伝導体でもっとも高い$$T_{rm sc}$$を示すCeCoIn$$_5$$を対象として、磁場下での偏極非弾性散乱実験を行い、その詳細を調べた。その結果、入射偏極状態に依存して、スペクトルが大きく変化していることを見いだした。片側偏極の解析結果から、レゾナンスピークが磁場によりゼーマン分裂を示すこと、さらに分裂したピークは、各々のカイラリティを持つ2成分に加え、カイラリティを持たない1成分、合わせて3成分からなることを見いだした。これらの事実は、CeCoIn$$_5$$における強い常磁性効果の存在とともに、スピンレゾナンスが縮退したモードであることを示している。

口頭

Presence of chiral character in the spin resonance of the unconventional superconductor CeCoIn$$_5$$

Raymond, S.*; 金子 耕士; Hiess, A.*; Steffens, P.*; Lapertot, G.*

no journal, , 

In various unconventional superconductors, there exists characteristic magnetic response so-called "spin resonance". This mode is observed in inelastic neutron scattering below the superconducting transition temperature Tc at the wave vector for which the superconducting gap changes sign and at an energy $${Omega}_{rm res}/2{Delta}{sim}$$ 0.64. In order to get microscopic insights into the spin resonance, the heavy-fermion superconductor CeCoIn$$_5$$ was investigated via polarized inelastic neutron scattering under a magnetic field. We found that the spin resonance at 0.6 meV at zero field splits under magnetic fields. The magnetic excitation under the field is characterized as two Zeeman split peaks with a chiral nature, and an additional non-chiral contribution that appears at the same energy as the lower mode of the Zeeman split peaks. This observation evidences that the spin resonance in CeCoIn$$_5$$ is a degenerated mode, which has three fluctuation channels under magnetic field.

口頭

New neutron scattering results on the spin dynamics in UNi$$_2$$Al$$_3$$ and UPd$$_2$$Al$$_3$$

Scheneidewind, A.*; Hiess, A.*; Stockert, O.*; 阿曽 尚文*; 佐藤 憲昭*; Raymond, S.*; 金子 耕士; Blackburn, E.*; Steffens, P.*; Lander, G. H.*

no journal, , 

Inelastic neutron scattering (INS) has been of particular importance in studying the interrelation of magnetism and superconductivity by determining the momentum- and energy-dependent microscopic spin dynamics in both the normal and superconducting state. In this context, we recently revisited the spin dynamics in the iso-structural magnetic superconductors UPd$$_2$$Al$$_3$$ ($$T_c$$ = 2K) and UNi$$_2$$Al$$_3$$ ($$T_c$$ = 1K). The magnetic order in UPd$$_2$$Al$$_3$$ is commensurate with $$Q_0$$ = (0, 0, 0.5), but incommensurate in UNi$$_2$$Al$$_3$$ with $$Q^*$$ = (0.39, 0, 0.5). We here present new INS results on the normal state spin dynamics of UNi$$_2$$Al$$_3$$ in high resolution TAS mode as well as with the FlatCone set-up, and the influence of magnetic field on the spin dynamics in the superconducting state in UPd$$_2$$Al$$_3$$ with a half-polarized setup.

8 件中 1件目~8件目を表示
  • 1