検索対象:     
報告書番号:
※ 半角英数字
 年 ~ 
 年
検索結果: 2 件中 1件目~2件目を表示
  • 1

発表形式

Initialising ...

選択項目を絞り込む

掲載資料名

Initialising ...

発表会議名

Initialising ...

筆頭著者名

Initialising ...

キーワード

Initialising ...

使用言語

Initialising ...

発行年

Initialising ...

開催年

Initialising ...

選択した検索結果をダウンロード

論文

In-source laser spectroscopy with the laser ion source and trap; First direct study of the ground-state properties of $$^{217,219}$$Po

Fink, D. A.*; Cocolios, T. E.*; Andreyev, A.; Antalic, S.*; Barzakh, A. E.*; Bastin, B.*; Fedorov, D. V.*; Fedosseev, V. N.*; Flanagan, K. T.*; Ghys, L.*; et al.

Physical Review X, 5(1), p.011018_1 - 011018_15, 2015/01

 被引用回数:20 パーセンタイル:79.15(Physics, Multidisciplinary)

A Laser Ion Source and Trap (LIST) for a thick-target, isotope-separation on-line facility has been implemented at CERN ISOLDE for the production of pure, laser-ionized, radioactive ion beams. The first physics application of the LIST enables the suppression of francium contamination in ion beams of neutron-rich polonium isotopes at ISOLDE by more than 1000 with a reduction in laser-ionization efficiency of only 20. Resonance ionization spectroscopy is performed directly inside the LIST device, allowing the study of the hyperfine structure and isotope shift of $$^{217}$$Po for the first time. Nuclear decay spectroscopy of $$^{219}$$Po is performed for the first time, revealing its half-life, $$alpha$$-to-$$beta$$-decay branching ratio, and $$alpha$$-particle energy. This experiment demonstrates the applicability of the LIST at radioactive ion-beam facilities for the production and study of pure beams of exotic isotopes.

論文

Verification of LSD spikes prepared in Japan from a MOX source material

角 美香; 阿部 勝男; 影山 十三男; 中沢 博明; 黒沢 明; 山本 昌彦; Mason, P.*; Neuhoff, J.*; Doubek, N.*; Balsley, S.*; et al.

Proceedings of INMM 51st Annual Meeting (CD-ROM), 9 Pages, 2010/07

現在、同位体希釈質量分析法(IDMS)によってPu, Uの計量分析を行っている国内外の多くの施設において、LSD(Large Size Dried)スパイクが使用されている。日本の核燃料サイクルに関連する施設でも、多くのPu標準物質が必要とされており、一方で長期に渡るPu標準物質の供給や、輸送が困難さを増すことが予想されていることから、原子力機構ではプルセンターに保管されているMOXから、LSDスパイクの原料となるPuの標準試料を調製する可能性について検討してきた。プルセンターでは、MOX中に含まれていたPuをUと分離,精製を行った。調製されたPu硝酸溶液中のPu濃度は、再処理施設においてクーロメトリによって測定され、同位体組成についてはPFDCにおいて質量分析により測定された。原子力機構では、このPu硝酸溶液を用いて2種類のLSDスパイクを調製し、それらを国内外の研究所に配付し、共同分析により値を確認している。Puの値付け分析,LSDスパイク調製及び確認分析結果の詳細について報告する。

2 件中 1件目~2件目を表示
  • 1