検索対象:     
報告書番号:
※ 半角英数字
 年 ~ 
 年
検索結果: 15 件中 1件目~15件目を表示
  • 1

発表形式

Initialising ...

選択項目を絞り込む

掲載資料名

Initialising ...

発表会議名

Initialising ...

筆頭著者名

Initialising ...

キーワード

Initialising ...

使用言語

Initialising ...

発行年

Initialising ...

開催年

Initialising ...

選択した検索結果をダウンロード

論文

Field-induced phenomena in ferromagnetic superconductors UCoGe and URhGe

青木 大*; Taupin, M.*; Paulsen, C.*; Hardy, F.*; Taufour, V.*; 小手川 恒*; Hassinger, E.*; Malone, L.*; 松田 達磨; 三宅 厚志*; et al.

Journal of the Physical Society of Japan, 81(Suppl.B), p.SB002_1 - SB002_6, 2012/12

 被引用回数:3 パーセンタイル:66.83(Physics, Multidisciplinary)

We review our recent studies on ferromagnetic superconductors, UGe2, URhGe, and UCoGe. We focus on experimental results of URhGe and UCoGe in which the superconductivity occurs already at ambient pressure. The huge upper critical field $$H$$$$_{c2}$$ on UCoGe for the field along the hard magnetization axis ($$b$$-axis) is confirmed by the AC susceptibility measurements by the fine tuning of field angle. Contrary to the huge $$H$$$$_{c2}$$ along the hard-magnetization axis, $$H$$$$_{c2}$$ along the easy-magnetization axis ($$c$$-axis) is relatively small in value. However, the initial slope of $$H$$$$_{c2}$$, namely $$d$$$$H$$$$_{c2}$$/$$dT$$ ($$H$$$$rightarrow$$0) both in UCoGe and in URhGe indicates the large value, which can be explained by the magnetic domain effect detected in the magnetization measurements. The specific heat measurements using a high quality single crystal of UCoGe demonstrate the bulk superconductivity, which is extended under magnetic field for the field along $$c$$-axis.

論文

Details of sample dependence and transport properties of URu$$_2$$Si$$_2$$

松田 達磨; Hassinger, E.*; 青木 大*; Taufour, V.*; Knebel, G.*; 立岩 尚之; 山本 悦嗣; 芳賀 芳範; 大貫 惇睦; Fisk, Z.; et al.

Journal of the Physical Society of Japan, 80(11), p.114710_1 - 114710_10, 2011/11

 被引用回数:37 パーセンタイル:12.88(Physics, Multidisciplinary)

Resistivity and specific heat measurements were performed in the low carrier unconventional superconductor URu$$_2$$Si$$_2$$ on various samples with very different qualities. The superconducting transition temperature ($$T_{rm SC}$$) and the hidden order transition temperature of these crystals were evaluated as a function of the residual resistivity ratio. We discuss a possible scenario concerning the distribution of $$T_{rm SC}$$ related with the fact that the hidden order phase is very sensitive to the pressure inhomogeneity.

論文

Ferromagnetic quantum critical endpoint in UCoAl

青木 大*; Combier, T.*; Taufour, V.*; 松田 達磨; Knebel, G.*; 小手川 恒*; Flouquet, J.*

Journal of the Physical Society of Japan, 80(9), p.094711_1 - 094711_10, 2011/09

 被引用回数:56 パーセンタイル:7.99(Physics, Multidisciplinary)

Resistivity and magnetostriction measurements were performed at high magnetic fields and under pressure on UCoAl. At ambient pressure, the 1st order metamagnetic transition at $$H$$$$rm_m$$ $$sim$$ 0.7T from the paramagnetic ground state to the field-induced ferromagnetic state changes to a crossover at finite temperature $$T$$$$rm_0$$ $$sim$$ 11K. With increasing pressure, $$H$$$$rm_m$$ linearly increases, while $$T$$$$rm_0$$ decreases and is suppressed at the quantum critical endpoint (QCEP). We compare our results on UCoAl with those of UGe$$_2$$ and Sr$$_3$$Ru$$_2$$O$$_7$$.

論文

Properties of ferromagnetic superconductors

青木 大*; Hardy, F.*; 三宅 厚志*; Taufour, V.*; 松田 達磨; Flouquet, J.*

Comptes Rendus Physique, 12(5-6), p.573 - 583, 2011/06

 被引用回数:28 パーセンタイル:17.4(Astronomy & Astrophysics)

Thanks to the discovery in the last decade of three uranium ferromagnetic superconductors, UGe$$_2$$, URhGe and UCoGe, the fascinating aspects of the interplay between the triplet state of Cooper pairing and ferromagnetism have emerged. Furthermore, as the ferromagneticproperties in the normal state are quite different with respect to the proximity of the ferromagnetic-paramagnetic instabilities, the feedback with the coexistence of superconductivity gives rise to quite different boundaries in pressure and magnetic field. Specialattention is given on the location of the materials with respect to the tricriticality and on the reinforcement of SC in a transverse field response with respect to the direction of the FM sublattice magnetization.

論文

Thermoelectric evidence for high-field anomalies in the hidden order phase of URu$$_2$$Si$$_2$$

Malone, L.*; 松田 達磨; Antunes, A.*; Knebel, G.*; Taufour, V.*; 青木 大*; Behnia, K.*; Proust, C.*; Flouquet, J.*

Physical Review B, 83(24), p.245117_1 - 245117_5, 2011/06

 被引用回数:16 パーセンタイル:35.96(Materials Science, Multidisciplinary)

Measurements of the thermoelectric coefficients of URu$$_2$$Si$$_2$$ in a high magnetic field could imply topological Fermi surface changes even deep inside the hidden order state. A change is observed in the thermopower as a function of the field applied parallel to the easy axis of magnetization, which could signify a change in the Fermi surface characteristics. The maximum of the thermopower coincides with previously measured anomalies in resistivity at $$H^*$$ = 23T. We analyze our results in terms of a Lifshitz transition in URu$$_2$$Si$$_2$$ originating from the hidden order Pauli depairing on a given subband.

論文

Trends in heavy fermion matter

Flouquet, J.*; 青木 大*; Bourdarot, F.*; Hardy, F.*; Hassinger, E.*; Knebel, G.*; 松田 達磨; Maingast, C.*; Paulsen, C.*; Taufour, V.*

Journal of Physics; Conference Series, 273, p.012001_1 - 012001_25, 2011/02

 被引用回数:10 パーセンタイル:5.21

A brief review on major advances in heavy fermion physics is presented including the Ce metal phase diagram, the huge effective mass detected in CeAl$$_3$$, and the successive discoveries of unconventional superconductivity in CeCu$$_2$$Si$$_2$$ and three U based compounds, UBe$$_{13}$$, UPt$$_3$$ and URu$$_2$$Si$$_2$$. In order to track the origin of the huge effective mass, the case of intermediate valence compounds is discussed with emphasis on the differences between Yb and Ce materials. Pressure and magnetic-field studies on the ferromagnetic superconductor URhGe illustrate the role of the singular effective mass enhancement on the superconducting pairing.

論文

Inelastic contribution of the resistivity in the hidden order in URu$$_2$$Si$$_2$$

Hassinger, E.*; 松田 達磨; Knebel, G.*; Taufour, V.*; 青木 大*; Flouquet, J.*

Journal of Physics; Conference Series, 273, p.012031_1 - 012031_5, 2011/02

 被引用回数:2 パーセンタイル:38.07

In the hidden order of URu$$_2$$Si$$_2$$ the resistivity at very low temperature shows no $$T^2$$ behavior above the transition to superconductivity. However, when entering the antiferromagnetic phase, the Fermi liquid behavior is recovered. We discuss the change of the inelastic term when entering the AF phase with pressure considering the temperature dependence of the Gruneisen parameter at ambient pressure and the influence of superconductivity by an extrapolation of high field data.

論文

First observation of quantum oscillations in the ferromagnetic superconductor UCoGe

青木 大*; Sheikin, I.*; 松田 達磨; Taufour, V.*; Knebel, G.*; Flouquet, J.*

Journal of the Physical Society of Japan, 80(1), p.013705_1 - 013705_4, 2011/01

 被引用回数:30 パーセンタイル:15.77(Physics, Multidisciplinary)

強磁性超伝導体UCoGeの高純度単結晶育成に成功し、磁場34Tまでの磁気抵抗測定を行った。シュブニコフ-ドハース信号をウランの1-1-1化合物としては初めて観測した。大きなサイクロトロン有効質量25$$m_0$$の小さなポケットフェルミ面に対応するシグナルを磁場22T以上において観測した。これはUCoGeが重い準粒子を伴う少数キャリアー系であることを示唆している。観測されたシグナルの振動数は、磁場の増加とともに減少する。このことは、フェルミ面の体積が非線形に変化していることを意味している。サイクロトロン有効質量も減少しており、これは電気抵抗の温度依存性における$$A$$係数の減少と一致する振る舞いである。

論文

Similarity of the Fermi surface in the hidden order state and in the antiferromagnetic state of URu$$_2$$Si$$_2$$

Hassinger, E.*; Knebel, G.*; 松田 達磨; 青木 大*; Taufour, V.*; Flouquet, J.*

Physical Review Letters, 105(21), p.216409_1 - 216409_4, 2010/11

 被引用回数:100 パーセンタイル:4.22(Physics, Multidisciplinary)

高純度URu$$_2$$Si$$_2$$の単結晶によるShubnikov-de Haas実験により、いわゆる隠れた秩序状態において、これまで観測されていなかった新たな2つのフェルミ面のブランチを観測した。これは、全体の有効質量の増強に対して約55%まで観測したことに対応する。加圧下反強磁性における、磁場c軸方向のShubnikov-de Haas振動数は、常圧に比べてわずかな変化である。この隠れた秩序状態と反強磁性状態のフェルミ面の類似性は、$$Q$$$$_{rm AF}$$=(001)と同じ周期性が隠れた秩序状態において既にあることを意味している。またこの結果は、この隠れた秩序状態の理論的アプローチに対して重要な情報をもたらす。

論文

Extremely large and anisotropic upper critical field and the ferromagnetic instability in UCoGe

青木 大*; 松田 達磨; Taufour, V.*; Hassinger, E.*; Knebel, G.*; Flouquet, J.*

Journal of the Physical Society of Japan, 78(11), p.113709_1 - 113709_4, 2009/11

 被引用回数:82 パーセンタイル:5.29(Physics, Multidisciplinary)

高純度強磁性超伝導体UCoGeの単結晶を用い、詳細に磁場との角度を調節した磁気抵抗測定から、上部臨界磁場$$H_{rm c2}$$の異常な異方性を観測した。斜方晶における$$b$$軸方向の$$H_{rm c2}^b$$は、温度の降下とともに異常に増強され、S型の振る舞いとともに絶対零においてほぼ20Tにも達する。$$H_{rm c2}^a$$の温度依存性から、低温では30Tを超える値にも達する。一方、$$H_{rm c2}^c$$は、非常に小さく0.6T程である。通常の強磁性体とは異なり、キュリー温度は磁場の印加とともに減少し、$$b$$軸方向において伝導電子の有効質量の増強が観測される磁場において$$H_{rm c2}^b$$のS型の振る舞いが観測される。これらの結果は、磁場誘起の強磁性不安定性、もしくは磁気量子臨界性が超伝導状態を増強していることを示している。

口頭

URu$$_2$$Si$$_2$$の輸送特性と試料依存性

松田 達磨; Hassinger, E.*; 青木 大*; Taufour, V.*; Flouquet, J.*; 立岩 尚之; 山本 悦嗣; 芳賀 芳範; 大貫 惇睦

no journal, , 

URu$$_2$$Si$$_2$$ではTo=17.5 K以下の秩序相をめぐって、非常に多くの研究が行われているが、発見から25年にも渡り未だ秩序パラメータは明らかになっておらず 「隠れた秩序相」(HO相)と呼ばれている。多くの実験において、このHO相の秩序パラメータを特徴付ける決定的な物理量の変化が観測されていないことが問題となっている。われわれの研究グループでは、この化合物の超純良単結晶試料育成に成功しているが、これまでの試料との比較から、電気抵抗等、試料依存性が高いことが明らかになってきている。そのため、この物質の本質を明らかにするために、電気抵抗と比熱測定による試料依存性を詳細に測定し、この物質の転移温度や温度依存性について詳細に調べた。

口頭

URu$$_2$$Si$$_2$$の輸送特性と試料依存性,2

松田 達磨; Hassinger, E.*; 青木 大*; Taufour, V.*; Flouquet, J.*; 立岩 尚之; 山本 悦嗣; 芳賀 芳範; 大貫 惇睦

no journal, , 

URu$$_2$$Si$$_2$$ではTo=17.5K以下の秩序相をめぐって、発見から25年も経過した現在でも、精力的に研究が行われている。ごく最近の研究では、加圧下のフェルミ面の観測実験が行われるなど、多くの実験で、より高純度単結晶試料の必要性が高まっている。われわれの研究グループでは、長年URu$$_2$$Si$$_2$$の高純度単結晶の育成を行ってきた。最近では、電気抵抗の超伝導転移直上からの外挿値では、残留抵抗を見積もれないほどの結晶の高純度化に成功している。これらの高純度結晶を用いた低温の輸送特性について調べ、この系の本質的振舞いを明らかにした。

口頭

URu$$_2$$Si$$_2$$の輸送特性と試料依存性,3

松田 達磨; Hassinger, E.*; 青木 大*; Taufour, V.*; Flouquet, J.*; 立岩 尚之; 山本 悦嗣; 芳賀 芳範; 大貫 惇睦; Fisk, Z.

no journal, , 

URu$$_2$$Si$$_2$$については、$$T_{HO}$$=17.5K以下の秩序相をめぐって、25年以上にわたって精力的に研究が行われてきた。この物質の特徴として、試料の純度に対して輸送特性が敏感な点があげられる。われわれの研究グループでは高純度単結晶育成を通じて、この物質の本質的振る舞いを明らかにしてきた。近年、世界最高純度の結晶育成の成功と同時に、さまざまな純度の結晶における特性を系統的に整理することで、より本質的振る舞いを明確に示すことに成功した。これら輸送特性に注目して整理した結果を発表する。

口頭

URu$$_2$$Si$$_2$$の試料依存性と輸送特性

松田 達磨; Hassinger, E.*; 青木 大*; Taufour, V.*; Knebel, G.*; 立岩 尚之; 山本 悦嗣; 芳賀 芳範; 大貫 惇睦; Fisk, Z.; et al.

no journal, , 

重い電子系超伝導体URu$$_2$$Si$$_2$$について、質の異なる単結晶について電気抵抗と比熱測定を行った。そして、超伝導転移温度及び隠れた秩序転移温度の試料依存性について、残留抵抗比の関数として整理を行った。高純度試料における電気抵抗では、超伝導転移温度以上でフェルミ液体的温度の2乗に従う振る舞いは見られないことが明らかになった。これらの異常について、加圧に敏感な性質との関係も考慮した試料内の超伝導相の非一様性について議論する。

口頭

URhSiの磁気異方性と輸送特性

松田 達磨; 青木 大*; 小手川 恒*; Hassinger, E.*; Taufour, V.*; Knebel, G.*; Braithwaite, D.*; Salce, B.*; 山本 悦嗣; 芳賀 芳範; et al.

no journal, , 

強磁性状態における特異な超伝導状態が、UGe$$_{2}$$, URhGe, UCoGe, UIr等のウラン化合物において報告され、精力的な研究が行われている。一方、新物質探索も地道にすすめられており、その一つの候補として考えられているのがURhSiである。URhSiはURhGeやUCoGeと同じTiNiSi型(斜方晶)の結晶構造を持つ。キュリー温度$$T_{rm C}$$約10K、磁化容易軸のモーメントは約0.45$$mu$$B/Uと磁気特性がURhGeに酷似しているため、極低温において超伝導状態が期待されてきた。しかしながら、現段階において報告例はなく、結晶の純度が悪いことが一つの可能性として考えられる。また一方で、他の超伝導化合物との本質的な違いを反映している可能性もある。このことから、本研究では、両者の詳細な物性比較によって、超伝導発現にかかわると考えられる特性を明らかにすることを目的として、URhSiの基礎物性及び極低温強磁場中における輸送特性測定を行った。

15 件中 1件目~15件目を表示
  • 1