検索対象:     
報告書番号:
※ 半角英数字
 年 ~ 
 年
検索結果: 6 件中 1件目~6件目を表示
  • 1

発表形式

Initialising ...

選択項目を絞り込む

掲載資料名

Initialising ...

発表会議名

Initialising ...

筆頭著者名

Initialising ...

キーワード

Initialising ...

使用言語

Initialising ...

発行年

Initialising ...

開催年

Initialising ...

選択した検索結果をダウンロード

論文

Heavy hadronic molecules coupled with multiquark states

山口 康宏; Garc$'i$a-Tecocoatzi, H.*; Giachino, A.*; 保坂 淳; Santopinto, E.*; 竹内 幸子*; 瀧澤 誠*

Few-Body Systems, 62(3), p.33_1 - 33_7, 2021/09

 被引用回数:0 パーセンタイル:0.01(Physics, Multidisciplinary)

本研究では$$Lambda_cbar{D}^{(ast)}-Sigma_c^{(ast)}bar{D}^{(ast)}$$ハドロン分子にコンパクトな$$uudcbar{c}$$コアが結合したハイブリット状態としての$$P_c$$ペンタクォーク状態の理論解析が行われた。相互作用としてヘビークォーク対称性とカイラル対称性を尊重したものが用いられ、結果、$$P_c^+(4312)$$$$P_c^+(4440)$$, $$P_c^+(4457)$$の質量と崩壊幅の実験データを説明することができた。その時、スピン-パリティは$$J^P=1/2^-$$, $$3/2^-$$, $$1/2^-$$と求まった。この解析で、エネルギー順位の構造にはコンパクト状態との結合より導かれたハドロン間相互作用が支配的な働きをしていることが得られ、一方、崩壊幅の決定にはパイオン交換力のテンソル項が重要な働きをしていることが得られた。

論文

$$K^{ast 0}Sigma^+$$ photoproduction with evidence for the Kappa Meson Exchange at SPring-8/LEPS

Hwang, S. H.*; Hicks, K.*; Ahn, J. K.*; 中野 貴志*

Few-Body Systems, 54(7-10), p.1037 - 1041, 2013/08

 被引用回数:0 パーセンタイル:0(Physics, Multidisciplinary)

Recently, LEPS collaboration reported the parity spin asymmetry for the$$gamma p rightarrow K^{ast 0}Sigma^+$$ reaction using linearly polarized photons at beam energies from 1.85 to 2.96 GeV. The parity spin asymmetry ($$P_{sigma} = 2rho^{1}_{1-1} - rho^{1}_{00}$$) was obtained, with large positive asymmetry at forward angles. This supports that natural-parity exchange is dominant at forward angles for $$K^{ast 0}Sigma^+$$ photoproduction, which is consistent with $$kappa$$ meson-exchange. The differential cross sections for the $$gamma p rightarrow K^{ast 0}Sigma^+$$ reaction are presented at forward angles averaged over all beam energies. There is good agreement with the differential cross sections from the CLAS and the CBELSA/TAPS collaborations.

論文

J-PARC E27 experiment to search for a nuclear Kaon bound state $$K^-pp$$

今井 憲一; 市川 裕大; 長谷川 勝一; 佐甲 博之; 佐藤 進; 木内 隆太*; 細見 健二; 杉村 仁志; 他36名*

Few-Body Systems, 54(7-10), p.1191 - 1194, 2013/08

 被引用回数:10 パーセンタイル:59.95(Physics, Multidisciplinary)

$$d(pi^{+}, K^+)$$反応を用いてJ-PARCのK1.8ビームラインで$$K^-pp$$束縛状態の探索を行っている(J-PARC E27実験)。この実験では、エネルギー分解能約2MeV/c$$^2$$の制度で、$$K^-pp$$束縛状態の束縛エネルギー及び崩壊幅をミッシングマス分光により求められる。また、準自由過程のハイペロン生成のバックグラウンドを除去するために、飛程検出器を用いて$$K^-pp$$の崩壊から生じる2つの陽子の検出も同時に行った。2012年6月に本実験のデータ収集を行い、初めて$$d(pi^{+}, K^+)$$反応のミッシングマススペクトルを取得することに成功した。

論文

Search for pentaquark $$Theta^+$$ in hadronic reaction at J-PARC

成木 恵*; 杉村 仁志; 今井 憲一; 市川 裕大; 細見 健二; 他68名*

Few-Body Systems, 54(7-10), p.955 - 960, 2013/08

 被引用回数:2 パーセンタイル:22.18(Physics, Multidisciplinary)

J-PARCにおいてペンタクォーク探索実験を行った。測定方法として($$K^-,pi^-$$)方法が用いられ、これまでのSPring-8で行われた光生成反応とは違う反応である。ハドロン反応のほうがより直接的な反応のため、より有意なデータが提供できた。結果として、ペンタクォークは確認できず、生成断面積として、0.26$$mu$$b/srの上限値を与えた。このことにより、SPring-8との違いが考察され、生成反応の違いにより断面積も違うという結果が分かった。

論文

Study of neutron-rich hypernuclei by the ($$pi^-,K^+$$) reaction at J-PARC

杉村 仁志; 今井 憲一; 他34名*

Few-Body Systems, 54(7-10), p.1235 - 1238, 2013/08

 被引用回数:0 パーセンタイル:0(Physics, Multidisciplinary)

中性子過剰ハイパー核の研究はヨーロッパと日本を中心に行われている。その中で、今回J-PARCにおいて中性子過剰ハイパー核の一つである$$^6_Lambda$$Hを生成する実験を試みた。$$^6_Lambda$$Hは中性子4個, 陽子1個, ラムダ粒子1個からなるハイパー核で非常に陽子中性子比が大きいため、中性子過剰な中性子星の研究において大変重要な役割を果たす。そのハイパー核をJ-PARCにおいて生成し、生成断面積の上限値を与えた。

論文

Search for $$Theta^+$$ via the pion induced reaction at J-PARC; J-PARC E19

白鳥 昂太郎

Few-Body Systems, 54(1-4), p.145 - 150, 2013/03

 被引用回数:0 パーセンタイル:0(Physics, Multidisciplinary)

J-PARCにおいて$$pi^-prightarrow K^-X$$反応を用いたペンタクォーク$$Theta^+$$の探索実験を行った。実験では1.92GeV/$$c$$$$pi$$中間子ビームを液体水素標的に照射して$$Theta^+$$の生成を試みた。しかしながら、missing massスペクトルに明瞭なピーク構造を観測することができなかった。よって、$$Theta^+$$の質量1.51GeV/$$c^2$$から1.55GeV/$$c^2$$の領域で、微分生成断面積の上限値を求めた。$$K^-$$の散乱角度2$$^{circ}$$から15$$^{circ}$$の範囲に対して90%のconfidence levelで上限値0.3$$mu$$b/srを得た。

6 件中 1件目~6件目を表示
  • 1