検索対象:     
報告書番号:
※ 半角英数字
 年 ~ 
 年
検索結果: 9 件中 1件目~9件目を表示
  • 1

発表形式

Initialising ...

選択項目を絞り込む

掲載資料名

Initialising ...

発表会議名

Initialising ...

筆頭著者名

Initialising ...

キーワード

Initialising ...

使用言語

Initialising ...

発行年

Initialising ...

開催年

Initialising ...

選択した検索結果をダウンロード

論文

Nanostructures of hydrogen- and duterium-terminated porous silicon

鈴木 淳市; 大沼 正人*; 松本 貴裕*

Journal of the Physical Society of Japan, Vol.70, Supplement A, p.303 - 305, 2001/05

光るシリコンとして注目されるポーラスシリコンの発光メカニズムを解明するため、中性子及びX線小角散乱実験を行った。その結果、以下のことを明らかにした。ポーラスシリコンは、約2nmのシリコン微結晶より構成される。微結晶表面には、約0.1nmの水素・重水素層がある。微結晶サイズは、ポロシティーの増大に伴い、線型的に減少する。微結晶表面終端水素の種類は、微結晶の構造に影響を及ぼさない。ポーラスシリコンの発光特性は、これらの構造特性に対応し、シリコンの量子サイズ効果と表面フォノンを考慮したエネルギーバンドモデルにより説明できる。

論文

Magnetic microstructure observations of Co-Cr-Ta films using neutron scattering

前田 安*; D.Rogers*; O.Song*; 鈴木 淳市; 森井 幸生; 武井 弘次*

Journal of Applied Physics, 79(3), p.1819 - 1821, 1996/02

 被引用回数:1 パーセンタイル:8.4(Physics, Applied)

中性子小角散乱により、Co-12at.% Cr-2at.% Ta薄膜の微細磁気構造を観察した。中性子散乱強度には、数ナノメートルの大きさに相当する磁気散乱ピークが観測された。この結果は、高密度磁気記録に適当な微細で均一なCo高濃度成分の存在を示唆する。

論文

Micromagnetic domain observations of Co-Cr films by neutron scattering

武井 弘次*; 鈴木 淳市; 前田 安*; 森井 幸生

IEEE Transactions on Magnetics, 30(6), p.4029 - 4031, 1994/11

 被引用回数:10 パーセンタイル:66.82(Engineering, Electrical & Electronic)

高密度磁気記録材料Co-22at.%Crにおいて組成分離に伴う微細磁気構造が存在することを中性子散乱により明らかにした。組成分離は150$$^{circ}$$Cから400$$^{circ}$$Cの作成基板温度で顕著となる。200$$^{circ}$$Cの基板温度では10nm程度の最も微細な磁気ドメイン構造が観測され、より高密度な磁気記録材料としての応用の可能性を示す。

論文

Preparation de $$^{1}$$$$^{4}$$$$^{3}$$Pr sans entraineur par l'echange d'ion

夏目 晴夫

日本原子力学会誌, 4(11), p.758 - 765, 1962/00

抄録なし

口頭

Quantum beam techniques for synthesis and analysis of proton/anion-exchange membranes for fuel cells

前川 康成

no journal, , 

Radiation-induced grafting technique was applied to the development of proton- and anion-conducting electrolyte membranes (PEM and AEM) for hydrogen- and alkaline hydrated hydrazine-fuel cells. The graft-type PEM and AEM could solve the currently most concerned problems, conductivity and mechanical properties at low and high relative humidities (RH), respectively for a PEM and alkaline durability for a AEM. The hierarchical structures of ETFE-PEM and ETFE-AEM were investigated using small angle X-ray and neutron scattering (SAXS and SANS). The grafted ETFE membranes were characterized as being composed of conducting graft domains around ETFE lamellar crystals with a period of 20-30 nm and well-connected crystallite network domains with a d-range of 200-300 nm. The well-connected ion-channels around ETFE lamellar crystals and crystallite domains should be origin of high conductivity and mechanical properties of both graft-type PEM and AEM.

口頭

9Cr-ODS鋼における加工熱処理のナノ組織への影響

岡 弘; 丹野 敬嗣; 大塚 智史; 矢野 康英; 皆藤 威二; 大沼 正人*

no journal, , 

9Cr-ODS鋼被覆管の量産プロセス(熱間等方圧プレス(HIP)、熱間押出、熱間鍛造)の各加工熱処理段階でのナノ組織変化について評価した。加工熱処理により残留$$alpha$$相の割合は減少し、ナノ粒子の数密度は低下した。残留$$alpha$$相の形成はナノ粒子によるピン止め効果によると考えられている。したがって、加工熱処理がナノ粒子の数密度・サイズに影響し、残留$$alpha$$相割合を減少させたものと考えられる。

口頭

SANS and EXAFS study of hierarchical structure assembled by coordination species in biphasic solvent extraction

元川 竜平; 小林 徹; 遠藤 仁*; 鈴木 伸一; 矢板 毅; 塩飽 秀啓

no journal, , 

The aim of this study is to elucidate a hierarchical structure of Zr(NO$$_{3}$$)$$_{4}$$(2TBP) in octane, formed in an organic phase of the biphasic solvent extraction system, where TBP is tri-n-butyl phosphate. The combined method of extended X-ray adsorption fine structure (EXAFS) and small-angle scattering (SAS), exhibiting a good compatibility in the viewpoint of observing length scale, were employed in this study. EXAFS and SAS are capable of covering the length scales from 0.1-1 nm and 1-100 nm, respectively, reflecting a single coordination structure of Zr(NO$$_{3}$$)$$_{4}$$(2TBP) complex and its self-assembly. Note that we need to combine the data obtained for both methods in order to proceed with our understandings of the overall hierarchical structure. In this paper, we would like to report the overall picture of the self-assembled structure into a wide length scale and introduce an original insight into the treatment of EXAFS and SAS profiles.

口頭

ODS鋼の微細組織解析

鈴木 陽大*; 大沼 正人*; 丹野 敬嗣; 岡 弘

no journal, , 

熱処理やN濃度の異なる酸化物分散強化型(ODS)鋼についてX線小角散乱(SAXS)法を用いて測定し、酸化物粒子の平均粒径と数密度の定量化を行なった。その結果、9Cr-ODS鋼については、標準の組成($$<$$ 0.01wt%N)に対してN濃度が増加すると酸化物粒子が粗大化し、これによって硬さが低下していることが分かった。また、12Cr-ODS鋼については、熱処理温度1200$$sim$$1300$$^{circ}$$Cの間で生じる硬さの変化が、酸化物分散状態の変化と対応していることが分かった。さらに、中性子小角散乱(SANS)法を組み合わせることで酸化物粒子の組成を推定した。

口頭

In-situ small and wide angle neutron scattering study on ion exchange membranes using a humidity cell at BL15 TAIKAN

高田 慎一; 廣井 孝介; 森川 利明*; 有馬 寛*; 山田 武*

no journal, , 

J-PARCセンター物質・生命科学実験施設に設置されている中性子小角・広角散乱装置(大観)は、サブナノからミクロンスケールの幅広い構造を観測できることから様々な研究分野において利用されている。近年、製品使用環境に近い高温・高湿度条件下における燃料電池膜のモルホロジーの解析が盛んに行われている。本研究では、大観で開発した調湿セルを用いて80$$^{circ}$$CにおけるNafion膜構造の湿度依存性の測定を実施した。その結果、広q範囲測定により膜構造内の骨格、アイオノマー、及び結晶相の湿度依存性を測定することができ、アイオノマー由来のピークが吸着水の増加により低q側にシフトする結果が得られた。本発表では、それらの結果の詳細を報告すると共に、大観の装置性能の近況についても報告する。

9 件中 1件目~9件目を表示
  • 1