検索対象:     
報告書番号:
※ 半角英数字
 年 ~ 
 年

Present status of spallation neutron source development; JAERI/KEK joint project in Japan

核破砕中性子源開発の現状; 日本における原研/高エネ研共同プロジェクト

神永 雅紀 ; 羽賀 勝洋 ; 麻生 智一 ; 木下 秀孝  ; 粉川 広行 ; 石倉 修一*; 寺田 敦彦* ; 小林 薫*; 安達 潤一*; 寺奥 拓史*; 高橋 才雄*; 本村 士郎*; 佐々木 忍; 日野 竜太郎; 渡辺 昇

Kaminaga, Masanori; Haga, Katsuhiro; Aso, Tomokazu; Kinoshita, Hidetaka; Kogawa, Hiroyuki; Ishikura, Shuichi*; Terada, Atsuhiko*; Kobayashi, Kaoru*; Adachi, Junichi*; Teraoku, Takuji*; Takahashi, Toshio*; Honmura, Shiro*; Sasaki, Shinobu; Hino, Ryutaro; Watanabe, Noboru

原研とKEKは大強度陽子加速器計画の下で中性子散乱実験施設の建設計画を進めている。核破砕中性子源としては、1MWの陽子ビーム入射を想定したクロスフロー型水銀ターゲットの設計検討を実施している。本報では、水銀ターゲット熱流動設計を中心に中性子散乱実験施設建家設計の現状,水銀熱伝達試験結果及びターゲット容器の遠隔操作実証試験装置について報告する。水銀ターゲットの熱流動解析では、陽子ビームプロファイルとしてガウス分布を想定した。入口水銀温度50$$^{circ}C$$,入口平均流速1.0m/s,内部総発熱量約0.4MWの条件で解析を行い、水銀最高温度121.5$$^{circ}C$$,容器最高温度232$$^{circ}C$$という結果を得て、熱流動的には成立することを明らかにした。また、解析で用いた熱伝達モデルは、水銀熱伝達実験結果に基づき検証した。さらに、本施設の要となるターゲットリモートハンドリング機器については、概念設計結果を基に実規模試験に着手し、所期の性能を発揮することを確認した。

no abstracts in English

Access

:

- Accesses

InCites™

:

Altmetrics

:

[CLARIVATE ANALYTICS], [WEB OF SCIENCE], [HIGHLY CITED PAPER & CUP LOGO] and [HOT PAPER & FIRE LOGO] are trademarks of Clarivate Analytics, and/or its affiliated company or companies, and used herein by permission and/or license.