検索対象:     
報告書番号:
※ 半角英数字
 年 ~ 
 年

IASCC照射試験用飽和温度キャプセルに関する熱水力的検討

Thermohydraulic design of saturated temperature capsule for IASCC irradiation test

井手 広史 ; 松井 義典 ; 板橋 行夫; 小森 芳廣 ; 長尾 美春 ; 小向 文作; 辻 宏和; 秋本 肇; 大貫 晃; 新谷 文将

Ide, Hiroshi; Matsui, Yoshinori; Itabashi, Yukio; Komori, Yoshihiro; Nagao, Yoshiharu; Komukai, Bunsaku; Tsuji, Hirokazu; Akimoto, Hajime; Onuki, Akira; Araya, Fumimasa

材料試験炉部では、軽水炉の高経年化にかかわる照射誘起応力腐食割れ(IASCC:Irradiation Assisted Stress Corrosion Cracking)研究のための照射試験ニーズに応えるため、BWRの水質,温度を模擬した条件下で照射試験が行える高度材料環境照射装置の開発を進めている。高度材料環境照射装置は、飽和温度キャプセル及び水環境制御装置から構成される。本報告では、飽和温度キャプセルについて、試験片温度をBWRの炉内構造材温度で照射すること,試験片表面での給水流速をよりBWR環境に近づけること、及び、異常時のキャプセルの安全性の向上を目的とした熱水力的検討した結果を示す。その結果の概要は、導水管及び矩形孔をあけた熱媒体を用いるキャプセル構造を採用することにより、試験片表面での給水流速を従来の10倍程度(約0.2m/s)まで高めることが可能であり、また、給水全喪失等の万一の異常時にも安全上問題なく熱除去が可能であることがわかった。

no abstracts in English

Access

:

- Accesses

InCites™

:

Altmetrics

:

[CLARIVATE ANALYTICS], [WEB OF SCIENCE], [HIGHLY CITED PAPER & CUP LOGO] and [HOT PAPER & FIRE LOGO] are trademarks of Clarivate Analytics, and/or its affiliated company or companies, and used herein by permission and/or license.