検索対象:     
報告書番号:
※ 半角英数字
 年 ~ 
 年

ITER工学設計活動報告

The Summary report on engineering design activities in the International Thermonuclear Experimental Reactor (ITER) project

森 雅博; 荘司 昭朗; 荒木 政則; 斎藤 啓自*; 仙田 郁夫; 大森 順次*; 佐藤 真一*; 井上 多加志; 大野 勇*; 片岡 敬博*; 島 裕昭*; 関 昌弘; 辻 博史; 加藤 崇; 奥野 清; 榎枝 幹男; 秋場 真人; 渡邊 和弘; 坂本 慶司; 今井 剛; 佐藤 和義; 柴沼 清; 中平 昌隆; 角舘 聡; 山西 敏彦; 西 正孝; 西谷 健夫; 河西 敏; 杉江 達夫; 丸尾 毅

Mori, Masahiro; Shoji, Teruaki; Araki, Masanori; Saito, Keiji*; Senda, Ikuo; Omori, Junji*; Sato, Shinichi*; Inoue, Takashi; Oono, Isamu*; Kataoka, Takahiro*; Shima, Hiroaki*; Seki, Masahiro; Tsuji, Hiroshi; Kato, Takashi; Okuno, Kiyoshi; Enoeda, Mikio; Akiba, Masato; Watanabe, Kazuhiro; Sakamoto, Keishi; Imai, Tsuyoshi; Sato, Kazuyoshi; Shibanuma, Kiyoshi; Nakahira, Masataka; Kakudate, Satoshi; Yamanishi, Toshihiko; Nishi, Masataka; Nishitani, Takeo; Kasai, Satoshi; Sugie, Tatsuo; Maruo, Takeshi

ITER(国際熱核融合実験炉)計画は、日本・米国・欧州・ロシアの政府間協定の下に核融合エネルギーの科学的・工学的実証を目指す実験炉を国際共同で実現しようというプロジェクトである。1992年7月以来9年間に亘り建設のために必要なすべての技術的データの作成を目的とする工学設計活動(EDA)を進めてきたが、2001年7月に当初の目標を達成して完了した。次の段階に進むこの時期に、EDAの概要と主要な成果をまとめておくことは、我が国の研究者が広くEDAの成果を評価し活用するうえでも、また、今後期待されるITERの建設・運転に向けた活動に多くの研究者が参画するための共通の基盤を築くうえでも必要と考えられる。本報告ではこのような趣旨に基づき、ITER工学設計活動の概要,工学設計及び工学RandDの成果,安全性に関する検討について、外部の研究者が全体像を掴むことを意図して記述されている。

no abstracts in English

Access

:

- Accesses

InCites™

:

Altmetrics

:

[CLARIVATE ANALYTICS], [WEB OF SCIENCE], [HIGHLY CITED PAPER & CUP LOGO] and [HOT PAPER & FIRE LOGO] are trademarks of Clarivate Analytics, and/or its affiliated company or companies, and used herein by permission and/or license.