検索対象:     
報告書番号:
※ 半角英数字
 年 ~ 
 年

保障措置環境試料分析技術の確立計画

A Program to establish environmental sample analysis techniques for safeguards

西村 秀夫; 間柄 正明 ; 小田 哲三; 臼田 重和; 渡部 和男; 安達 武雄; 野口 宏

Nishimura, Hideo; Magara, Masaaki; Oda, Tetsuzo; Usuda, Shigekazu; Watanabe, Kazuo; Adachi, Takeo; Noguchi, Hiroshi

IAEAの「93+2」計画に基づく重要な施策の一つとして環境試料分析法が導入された。これは、未申告原子力活動の探知を技術的目標とした新たな保障措置手段であり、原子力施設の内外及びその他の場所から環境試料を採取し、その中に含まれる極微量の核物質の同位体組成比等を分析することにより、施設の運転状況を検認し、あるいは不審な活動を探知する方法である。我が国の保障措置制度における独立検認機能を維持するためには、保障措置用環境試料を分析し、評価するための機能を確立することが必要不可欠である。即ち、クリーンルームを備えた保障措置クリーン化学分析所を整備するとともに、環境試用分析技術を開発することが必要である。このため、原研では1996年から超微量分析技術の開発のための調査を開始した。本報告では、保障措置環境試料分析技術確立のための計画について、その現状と課題について述べる。

no abstracts in English

Access

:

- Accesses

InCites™

:

Altmetrics

:

[CLARIVATE ANALYTICS], [WEB OF SCIENCE], [HIGHLY CITED PAPER & CUP LOGO] and [HOT PAPER & FIRE LOGO] are trademarks of Clarivate Analytics, and/or its affiliated company or companies, and used herein by permission and/or license.